米インテル、買収した自動車用半導体子会社上場で大儲けの見通し

alt

大型買収した子会社の業績が上がらず、企業価値の下落に伴う「のれん代」負担で巨額損出…日本企業ではよく聞く話だ。どっこい米国企業は違う。米半導体大手のインテルは12月6日(米国時間)、車載半導体などを手がけるイスラエルの100%子会社モービルアイを2022年半ばに米国で上場させると発表した。

買収から5年で上場するモービルアイ

インテルは2017年に、自動車運転支援システム向けの画像処理半導体とサービスを開発するモービルアイを約153億ドル(約1兆7300億円)で買収した。モービルアイは世界の大手自動車メーカー30社以上から、過去最高となる41件の新規プロジェクトを受注し、2021年の収益は前年比40%増を見込んでいる。

こうした好業績が追い風となり、米ウォール・ストリート・ジャーナルによると同社の企業価値は500億ドル(約5兆6800億円)を上回る可能性があるという。インテルは上場後も親子関係を維持するため、モービルアイ株の過半数保有を続ける。アムノン・シャシュア最高経営責任者(CEO)をはじめとするモービルアイの経営陣は、上場後も残留する。

関連記事はこちら
異常に価値が高い謎の会社 モービルアイ(Mobileye)
インテルの自動車関連ビジネスとM&Aまとめ
インテルがモービルアイを153億ドルで買収

モービルアイのシャシュアCEO(左)と、親会社インテルのパット・ゲルシンガーCEO(同社ホームページより)

仮にモービルアイ株の40%を市場で売却したとしても、売却額は200億ドル(約2兆2700億円)と買収額を上回る見通し。同社を買収したインテルは、なかなかの「M&A巧者」である。

M&A Online編集部

M&Aをもっと身近に。

これが、M&A(企業の合併・買収)とM&Aにまつわる身近な情報をM&Aの専門家だけでなく、広く一般の方々にも提供するメディア、M&A Onlineのメッセージです。私たちに大切なことは、M&Aに対する正しい知識と判断基準を持つことだと考えています。M&A Onlineは、広くM&Aの情報を収集・発信しながら、日本の産業がM&Aによって力強さを増していく姿を、読者の皆様と一緒にしっかりと見届けていきたいと考えています。


NEXT STORY

幸楽苑が夏のボーナス不支給を決定、他の企業にも影響は広がるか

幸楽苑が夏のボーナス不支給を決定、他の企業にも影響は広がるか

2020-05-15

ラーメン店運営の幸楽苑が新型コロナウイルスによる売り上げ減の影響で、社員の給与減額を決定しました。5月から7月までの3か月間20%減、夏季賞与なしとなります。サービス業を中心に役員報酬減額の動きが活発化。今後社員の給与にも波及する可能性があります。