いよいよ新型コロナワクチンの製造に乗り出す「武田薬品」他のワクチンとどこが違う?

alt
写真はイメージです

武田薬品工業<4502>は2021年12月16日に、米国の製薬会社ノババックスが開発中の新型コロナウイルス感染症ワクチンの製造販売承認申請を厚生労働省に行った。

新型コロナウイルスの遺伝情報を基に作ったウイルスのたんぱく質の一部を体内に入れる「組み換えたんぱくワクチン」で、武田薬品が製造し、2022年初頭にも供給を始める予定という。

日本ではmRNA を用いるファイザーとモデルナの2種と、アデノウイルスを用いるアストラゼネカ1種の合わせて3種のワクチンが承認されているほか、現在風邪などのウイルスを用いるジョンソン・エンド・ジョンソンの1種が申請中のため、今回のワクチンが5種目となる。

組み換えたんぱくワクチンは他のワクチンとどのように違うのだろうか。

関連記事はこちら
新型コロナの「国産ワクチン」実用化に向け一歩前進
製造販売承認を申請したJ&Jの新型コロナ向け「ウイルスベクターワクチン」ってどんなもの?

安全性が高く副作用も少ない

ノババックスのワクチンは大腸菌などの生物に新型コロナウイルスの遺伝子を組み込み、新型コロナウイルスのたんぱく質を作り出したうえで、このたんぱく質をワクチンとして投与する。

組み換えたんぱくワクチンの製造については、すでにB型肝炎やインフルエンザなどで、実績があるため安全性が高く副作用も少ないとみられている。

ノババックスのワクチンを健康な日本人成人を対象に0.5ミリリットルを21日間隔で2回投与したところ、新型コロナウイルスに対する強い免疫反応が誘導され、重い副作用は認められず、忍容性(耐えられる副作用の程度)も良好で、有効性は90%ほどだった。

武田薬品はノババックスから技術移転を受け、国内で年間2億5000万回分を製造する体制を整備する計画で、日本政府との間で、2022年初頭から年間1億5000万回分の供給契約を結んでいる。

M&A Online編集部

M&Aをもっと身近に。

これが、M&A(企業の合併・買収)とM&Aにまつわる身近な情報をM&Aの専門家だけでなく、広く一般の方々にも提供するメディア、M&A Onlineのメッセージです。私たちに大切なことは、M&Aに対する正しい知識と判断基準を持つことだと考えています。M&A Onlineは、広くM&Aの情報を収集・発信しながら、日本の産業がM&Aによって力強さを増していく姿を、読者の皆様と一緒にしっかりと見届けていきたいと考えています。


NEXT STORY

期待高まる新型コロナの「国産ワクチン」打てるのはいつ?

期待高まる新型コロナの「国産ワクチン」打てるのはいつ?

2021-08-20

3Hクリニカルトライアルは、同社が運営する治験情報サイト「生活向上WEB」で日本の製薬会社が手がける国産の新型コロナワクチンの治験参加者を募集したところ、希望者が1万4000人を超えたと発表した。

関連のM&A速報