インテリアショップFrancfrancに出資した日本成長投資アライアンスとは

alt
本社がある虎ノ門グローバルスクエア

2021年7月にセブン&アイ・ホールディングス<3382>が、グループ傘下のFrancfrancの株式の一部を売却すると発表しました。株式を取得したのが、投資ファンド・日本成長投資アライアンス(東京都港区)です。日本成長投資アライアンスはECチャネルの強化とDXによる生産性の向上により、Francfrancの企業価値を高めるとしています。

この投資ファンドは日本たばこ産業<2914>と博報堂DYホールディングス<2433>がアライアンス・パートナーとなっており、業界でも珍しい形態をとっています。日本成長投資アライアンスとはどのような会社なのでしょうか?この記事では以下の情報が得られます。

・日本成長投資アライアンスの概要、投資先
・Francfranc買収の歴史

380億円の資金を集めた2号ファンド

日本成長投資アライアンスは2016年6月に設立されました。1案件当たり10~30億円の出資を想定しており、日本の中堅・中小企業を中心としています。1号ファンドである「J-GIA 1号投資事業有限責任組合」は2018年6月に総額173億円を集めて募集を完了。静岡銀行<8355>やふくおかファイナンシャルグループ<8354>が出資をしています。2号ファンドとなる「J-GIA2号シリーズファンド」は1号ファンドの投資家を中心に資金を集め、380億円で2020年11月に募集を締め切りました。

日本成長投資アライアンスの最大の特徴はJTと博報堂とのアライアンスです。JTはファンドの出資先に対して経営管理や品質管理、人材派遣を含む経営支援を行い、博報堂はマーケティング、広報、サービス開発をバックアップしています。

JTは2007年7月に買収額2兆2,000億円という英ギャラハーの巨額M&Aを手掛けました。そのほか、「加ト吉」のテーブルマーク(東京都中央区)、スーダンやベルギー、ドミニカ共和国のたばこ会社を買収するなど、国内外の豊富なM&A経験があります。博報堂はブランド構築やマーケティングに強みのある会社です。経営管理やマーケティングのノウハウをその道のプロに任せることができます。日本成長投資アライアンスはその名の通り、投資先の成長とアライアンスを重視した会社だと言えます。

この投資ファンドの経営諮問委員会の一人にJTの新貝康司氏がいます。新貝氏はJT International副社長兼CEO時代にギャラハーの買収を指揮しました。2009年9月まで同社のCFOも兼務した経営管理やファイナンス、M&Aのスペシャリストです。

日本成長投資アライアンスの代表取締役社長は立野公一氏。1974年生まれで1998年4月にメリルリンチ証券に入社した後、1999年4月にコンサルティング会社マッキンゼー・アンド・カンパニー・インク・ジャパンに移りました。2005年2月にゴールドマン・サックス証券、2007年2月にユニゾン・キャピタルに入社しています。ユニゾン時代には当時出資をしていたスシローの取締役も務めました。2016年6月に日本成長投資アライアンスを立ち上げました。2017年10にはマネックスグループ<8698>の執行役CIO(投資事業担当)も務めています。

日本成長投資アライアンスの業績は以下のように推移しています。

■純利益推移(単位:百万円)

2016年11月期 2017年11月期 2018年11月期 2018年12月期 2019年12月期 2020年12月期
純利益 -2 16 60 2 19 75

決算公告より筆者作成

出資先には、2020年4月に負債総額160億円で経営破綻したWBFホテル&リゾーツの傘下で、沖縄および九州のホテル運営をするWBFリゾート沖縄(現:リゾーツ琉球 沖縄県豊見城市)が含まれます。再生スポンサーとして名乗り出ました。

■投資先一覧

会社名 事業内容 投資時期
株式会社ホソヤコーポレーション 中華系チルド食品の製造販売 2021年11月
株式会社Francfranc インテリア・雑貨小売販売 2021年8月
リゾーツ琉球株式会社
(旧WBFリゾート沖縄株式会社)
ホテル運営会社 2020年10月
株式会社WOW WORLD
(旧株式会社エイジア )
マーケティング支援SaaS企業 2020年6月
シロカ株式会社 白物家電の企画販売会社 2019年12月
株式会社property technologies
(旧株式会社ホームネット ホールディングス)
テクノロジーを活用した中古住宅流通プラットフォーム事業 2019年7月
株式会社セフィーヌ 化粧品企画販売会社 2019年6月
プロフレックス株式会社 油圧ホース・金具の製造販売 2019年1月
株式会社キノファーマ 低分子薬開発企業 2018年9月
株式会社ポテトかいつか さつまいも専業の食品会社 2017年4月

ホームページの情報をもとに筆者作成

NEXT STORY

東証、日本版SPAC導入についての主な論点を公表

東証、日本版SPAC導入についての主な論点を公表

2021/12/15

東京証券取引所は「SPAC制度の在り方等に関する研究会」を設置し、2021年10月より日本版SPACについて議論しています。11月24日開催の第3回研究会では、SPACの上場制度及びSPACスポンサーの在り方に関する主な論点が提示されました

関連のM&A速報