「ガソリン車廃止」反対のトヨタがレクサスを全車EV化する理由

alt

トヨタ自動車<7203>が電気自動車(EV)を本格展開することになった。その目玉となるのが同社の高級ブランド「レクサス」だ。これまでEVに消極的とされ、豊田章男社長も「すべてがEVになればよいという話ではない」と主張しているにもかかわらず、「レクサス」ブランドはすべてEV化するという。なぜか?

高級車市場であればEVは売れる?

12月14日に開いた「バッテリーEV戦略に関する説明会」で、「レクサス」は2030年までに欧州、北米、中国でEV比率を100%とする。2035年には日本を含むグローバルでEV比率を100%に引き上げる目標を掲げた。つまり14年後には「レクサス」にガソリンエンジン車はなくなるということだ。

その理由は車体価格にある。EVは生産台数が少ないこともあって、車両価格が割高だ。とりわけ基幹部品である電池が割高で、先進国メーカーの場合、小型車でも車両価格が300万円を超えるのが当たり前の状態だ。

EV市場では「どうせコスト高なら、高い値段で売ってしまえ」という鉄則がある。車体価格が高い高級車であれば、高い電池コストも吸収しやすいし、そもそもそんなに売れなくても利益が取れるビジネスだ。事実、世界最大のEVメーカーである米テスラは高価格帯のEVから市場に投入し、普及につれて中価格帯へラインナップを広げている。欧州メーカーでもメルセデス・ベンツをはじめとする高級車メーカーがEV化に熱心だ。

さらに高級車を購入する高所得者層は、家庭で複数の自動車を所有するのが当たり前。つまり電池切れが気になる遠距離ドライブといったEVに苦手な用途では所有する別のガソリン車を利用し、街乗りには静かでストップ&ゴーの燃費(電費)がよく、加速がスムーズなEVを使い分けるといった具合だ。

高所得者層が環境問題に敏感という事情もある。そうした顧客層の支持を得るためには、望む商品=環境対策車、すなわちEVを本格展開するのが望ましい。EVを軸にしたマーケティング戦略と言える。「レクサス」から完全EV化に着手するのは正攻法なのだ。

文:M&A Online編集部

関連記事はこちら
トヨタ「EVに本気出す」発表会で気になった三つの疑問
COP26で右往左往の国産車メーカーがどこか「ズレてる」理由


M&A Online編集部

M&Aをもっと身近に。

これが、M&A(企業の合併・買収)とM&Aにまつわる身近な情報をM&Aの専門家だけでなく、広く一般の方々にも提供するメディア、M&A Onlineのメッセージです。私たちに大切なことは、M&Aに対する正しい知識と判断基準を持つことだと考えています。M&A Onlineは、広くM&Aの情報を収集・発信しながら、日本の産業がM&Aによって力強さを増していく姿を、読者の皆様と一緒にしっかりと見届けていきたいと考えています。


NEXT STORY

トヨタ「EVに本気出す」発表会で気になった三つの疑問

トヨタ「EVに本気出す」発表会で気になった三つの疑問

2021/12/15

「いよいよ電気自動車(EV)で本気出す!」トヨタ自動車が12月14日、「バッテリーEV戦略に関する説明会」を開いた。2030年のEV世界販売目標を350万台に。これまでの「トヨタはEVには消極的」との評価を覆すような内容だが、疑問も残る。