業務スーパーの神戸物産、過去最高の業績を更新

alt
東京・上野御徒町

業務スーパーの神戸物産、過去最高の業績を更新 出店加速とSNS効果で

公開日付:2021.12.14

 「業務スーパー」のFC事業を展開する(株)神戸物産(TSR企業コード:670145262、東証1部)は、2021年10月期(連結)の売上高、最終利益がともに過去最高を更新したと発表した。売上高は前期比6.2%増の3620億6400万円、最終利益は同30.2%増の195億9200万円だった。出店の加速やメディア、SNSの効果が寄与した。利益は営業利益、経常利益も過去最高だった。

 2021年10月期末時点の業務スーパーの店舗数が950店舗に達し、1年前と比べて71店舗増加。47都道府県すべてに出店を達成し、1000店舗も目前に迫っている。
 12月14日、2021年10月期(連結)決算を発表。出店効果やメディア、SNSで取り上げられた自社で製造するオリジナル商品が伸びた。連結の売上高は2006年の上場以降、連続増収で、最終利益は2015年10月期から7期連続の増益と増収増益を続けている。

 同日発表した2022年10月期(連結)の業績予想は、売上高3800億円、最終利益198億円と増収増益を継続する見通しだ。また、同時に2024年10月期(連結)の売上高4100億円、営業利益320億円とする中期経営計画の業績目標を公表。積極的なM&Aを推進していくとしている。

東京商工リサーチ「データを読む」より

東京商工リサーチ

世界最大4億5千万件を超える国内・海外の企業情報を提供し、与信管理を支援する東京商工リサーチ(TSR)。長年の蓄積した企業情報データベースを活用し与信管理、マーケティング、調達先管理、海外企業情報に同社の情報を活用する企業は多い。 東京商工リサーチ:https://www.tsr-net.co.jp/


NEXT STORY

【コロナ禍の外食M&Aまとめ】ノンコアの切り離しが加速

【コロナ禍の外食M&Aまとめ】ノンコアの切り離しが加速

2020/10/09

新型コロナウイルスの感染拡大で飲食業界に激震が走りました。その一方で、火中の栗を拾うように外食企業のM&Aも盛んに行われています。売り手の多くはノンコアの外食事業の切り離し。買い手は外食を専門で手掛けていた企業や経営者です。

関連のM&A速報