2020年人材サービス業のM&A、前年を10件上回る26件|400億円近い海外案件も

alt
M&Aが活発だった2020年の人材サービス業界…(東京・渋谷のスクランブル交差点、写真はイメージです)

2020年の人材サービス関連のM&A件数は26件と前年を10件上回り、過去10年間で最多だった18年(30件)に迫る高水準となった。買収案件だけでなく、不採算事業の撤退や事業縮小などのリストラに伴う売却案件も4件含まれる。

人材サービスは景気の変動を受けやすい業界の一つ。新型コロナウイルスの影響拡大を受け、産業界では採用を手控えたり、派遣社員を削減したりする動きが広がっており、人材サービス各社も逆風にさらされている。にもかかわらず、M&A意欲は旺盛で、「コロナ後」を見据えて強気の姿勢を崩していない。

アウトソーシング、欧で400億円近い大型買収

そうした中、全体を牽引する形となったのがアウトソーシングだ。11月初め、欧州大手の人材派遣・紹介会社であるアイルランドCpl Resourcesを約390億円で買収すると発表した。2020年の人材サービス業界における最大案件で、同社はこれを含めて年間4件のM&Aを手がけた。

アウトソーシングは製造系をメインとする人材サービス大手。実は、業界内では“M&A巧者”として知られる。過去10年間のM&A件数は国内外で30件近くに上り、年平均3件のハイペースだ。ここ数年は英国、ドイツ、オランダ、豪州などで買収を積極的に進めてきた。狙いはグローバル市場での事業拡大。アジア、欧州、北米の3極を結び、景気や環境の変化に柔軟に対応できる人材流動ネットワークの構築を目指している。

今回傘下に収めるCplはユーロネクスト(ダブリン)とロンドン証券取引所に上場し、世界45拠点にオフィスを持つ。買収完了は2021年1~3月を見込む。

金額2位もアウトソーシングで、こちらは国内案件。日系ブラジル人を中心に人材派遣・業務請負を手がけるアバンセホールディングス(愛知県一宮市)の株式を約45億円で追加取得し、子会社化した。足元はコロナ禍で出入国規制などの影響を受けているが、中長期的には日本国内でも外国人材活用は拡大の一途をたどるとみて、8%だった持ち株比率を51%に高めた。

「外国人材」で各社の対応が分かれる

改正出入国管理法が19年4月に施行され、外国人の受け入れ拡大を目的とした単純労働者に対する就労ビザ取得が認められた。ホテルや飲食業界などの現場は慢性的な人手不足で、外国人労働者市場の成長が見込まれている。

ただ、こうした外国人材を巡っては各社の対応が分かれた。エン・ジャパンは外国人向け求人子会社のJapanWork(東京都新宿区)を、MBO(経営陣による買収)の形でJapanWork経営陣に譲渡した。エン・ジャパンは2019年7月にJapanWorkを買収して日が浅いが、新型コロナによる採用需要の減少で赤字が膨らみ、グループ内での事業継続は難しいと判断した。約2億3000万円の買収金額に対し、売却金額はわずか10円だった。

通信事業のアイ・ピー・エスは多角化事業の在留フィリピン人向け人材紹介・派遣から撤退を決めた。新型コロナの影響が重なり、収益改善が困難となったためで、外国人専門の賃貸住宅保証事業を手がけるグローバルトラストネットワークス(東京都豊島区)に事業譲渡した。

UTグループ、「製造系」で4件を手がける

アウトソーシングと並び件数トップは国内外で4件を手がけたUTグループで、いずれも製造業派遣・業務請負に関連する。ベトナムでは現地大手のGreen Speedを約12億円で子会社化した。ベトナムは中国に代わる製造拠点として日系、韓国系企業などの進出が活発化し、人材派遣需要が高まっているのに対応する。

2020年の人材サービス業界のM&Aは製造系にとどまらず、IT、コールセンター、介護・保育、ファッション・コスメ(化粧品)、不動産・建設業界など広範に及び、件数を押し上げた。ただ、コロナ禍の収束が見通せないまま越年となったことで2021年のM&A戦線には不透明感が漂う。

◎2020年:人材サービス業の主なM&A

発表月 買い手 対象企業・事業
1月 グッドライフカンパニー プロキャリアエージェント(東京都新宿区、不動産・建築業界向け職業紹介)
2月 UTグループ ベトナムの人材派遣大手Green Speed
ファーマライズホールディングス ウィーク(東京都文京区、医薬情報担当者など派遣)
3月 ポート リブセンスが運営する新卒就活生向け情報サイト「就活会議」事業
5月 デザインワン・ジャパン 昼job(東京都新宿区、キャバクラなどナイトワーク系出身者向け人材サービス)
6月 エム・エイチ・グループ オンリー・ワン(東京都千代田区、ファッション・コスメ業界向け人材派遣・紹介)
9月 じげん PCHホールディングス(東京都港区、介護・保育関連人材サービス)
10月 アウトソーシング アバンセホールディングス(愛知県一宮市、海外人材サービス)
ウイルテック パートナー(東京都中央区)のIT技術者派遣事業
11月 UTグループ シーケルホールディングス(水戸市、製造系派遣・業務請負)
ディア・ライフ DLXホールディングス(東京都新宿区、コールセンターに特化した専門派遣)


M&A Online編集部

M&Aをもっと身近に。

これが、M&A(企業の合併・買収)とM&Aにまつわる身近な情報をM&Aの専門家だけでなく、広く一般の方々にも提供するメディア、M&A Onlineのメッセージです。私たちに大切なことは、M&Aに対する正しい知識と判断基準を持つことだと考えています。M&A Onlineは、広くM&Aの情報を収集・発信しながら、日本の産業がM&Aによって力強さを増していく姿を、読者の皆様と一緒にしっかりと見届けていきたいと考えています。


NEXT STORY

コロナ禍にもかかわらず海外案件が活発 2020年の製造業M&A

コロナ禍にもかかわらず海外案件が活発 2020年の製造業M&A

2020/12/25

2020年の製造業のM&Aは12月23日時点で前年よりも44件少ない172件と、2年ぶりに減少した。新型コロナウイルス感染症拡大に伴う景気減速と先行き不透明感により、M&Aを手控えたとみられる。

関連のM&Aニュース