アウトソーシングは新設した英国子会社を通じて、BPO(ビジネス・プロセス・アウトソーシング=業務受託)事業を展開するLiberata UK Limited(ロンドン。売上高約95億8000万円、営業利益約5億5600万円、純資産約5億6600万円)の全株式と、BPOやコンサルティング企業を傘下に持つ持ち株会社ALL Holdco 2016 Limited(ロンドン。純資産約1万3800円)の株式65.0%を取得すると発表した。

また、ALL Holdco 2016の孫会社が50%を保有するAllen Lane Consultancy Limited(ALC、ロンドン。売上高約22億7000万円、営業利益約△738万円、純資産約△2110万円)の株式32.5%も取得し子会社化する。

Liberataは中央政府や地方公共団体へのBPOサービスを提供している。ALCは会計士による専門的なアウトソーシングサービスを展開しており、各省庁の会計・経理業務、ビジネスプロセス改善などの政府系業務を請負う。アウトソーシングは4月にも同国で公的債権回収代行サービスを提供するJ.B.W. GROUP LIMITEDを取得しており、シナジー効果が期待できると判断した。今後は、制度が似ている豪州などの英連邦諸国への展開も進める。

取得総額は124億円(アドバイザリー費用などを含む)。取得予定日は2016年8月1日。