米エコカー情報サイト「EV Sales」によると、2020年第3四半期(1−9月)累計の電気自動車(EV)・プラグインハイブリッド(PHV)の世界販売で、日産自動車<7201>とトヨタ自動車<7203>がベスト10から陥落した。

欧州勢の販売台数が急伸

前年同期との比較で日産は7位から14位に、トヨタは10位から16位にランクダウンしている。前年同期に12位だった三菱自動車<7211>も、18位に順位を下げている。日本車メーカーは3社とも5ランク超の大幅ダウンとなった。

いずれも主力モデルの日産「リーフ」(2017年10月全面改良)、トヨタ「プリウスPHV」(2017年2月全面改良)、三菱「アウトランダーPHEV」(2013年1月発売)の販売が伸びなかった。EVやPHVの販売車種が少ないのも足を引っ張っている。

代わって順位が上昇したのは2位の独フォルクスワーゲン(VW、前年同期6位)、4位の独BMW(同5位)、5位の仏ルノー(同13位)、6位の独メルセデス・ベンツ(同25位)、7位のスウェーデン・ボルボ(同16位)、8位の独アウディ(同21位)、10位(同11位)の韓国・起亜自動車など。

EUの厳しい環境規制に備えた欧州車メーカーの急速な台頭で、昨年同期のベスト10メーカーの半分が入れ替わる激変となった。

トップは米テスラが守った。販売台数も31万6820台と2位VWの3倍近く、首位は揺るぎそうにない。韓国・現代自動車は9位のまま変わらないが、同社が33.88%を出資する起亜を加えた現代グループの販売台数は12万3519台とVWを抜いて2位に躍り出る。

現代自は2018年5月から2019年9月にかけてEV「コナ・エレクトリック」の火災事故が韓国国内で10件、輸出車両で2件発生しており、今後のEV販売への影響が懸念される。しかし、同車の9月販売は8014台と車種別ランキングで前年同期の9位から4位に上昇しており、現時点では好調を維持しているようだ。

火災事故を起こしながらも韓国のEV市場を牽引する現代自「コナ・エレクトリック」(同社ホームページより)

(次ページにトップ20のランキング表)