2020年の製造業におけるM&Aは12月23日時点で前年よりも44件少ない(20.3%減)172件と、2年ぶりの減少となった。同年の全M&A件数(833件)に占める割合は20.6%。新型コロナウイルス感染症拡大に伴う景気減速と先行き不透明感により、M&Aを手控えたとみられる。

クロスボーダーが当たり前、売買は交錯

取引金額の1位から8位までがクロスボーダー(国際)案件だった。国内案件はトップ10圏内で1件に留まり、トップ20圏内まで広げても合計で3件しかない。製造業では国境を越えたM&Aが「当たり前」になりつつある。

国際案件の買い手はトップ10圏内の9件中6件(66.6%)が外国企業、11位から20位までの8件全てが国内企業と対照的な結果となった。コロナ禍で先行きが見通せない中、超大型買収については外国企業の方が積極的だったといえそうだ。