アウトソーシングは、リクルートファクトリーパートナーズ(大阪市。売上高65億3000万円、営業利益4億2600万円、純資産31億9000万円)の全株式を取得し子会社化することを決議した。

アウトソーシングは、双方が強みを持つエナジー事業領域において、集積地の関西圏を中心に同領域での人材ネットワークを構築し、今後も高まる需要に対して効果的なサービス提供を行っていくことにより、グループの事業基盤の強化を進めていくとしている。

取得総額は24億6000万円(アドバイザリー費用などを含む)。取得予定日は2016年8月5日。