資産売却「HIS」「電通」「西武」などが次々と

alt
東京都港区のザ・プリンス パークタワー東京

大手企業による資産売却が相次いでいる。大手旅行会社のエイチ・アイ・エス(HIS)<9603>は2021年6月30日に、東京都港区の本社を売却すると発表した。

大手広告会社の電通グループ<4324>は6月29日に、東京都港区の本社ビルの売却を検討していると発表。西武ホールディングス<9024>も5月13日に発表した中期経営計画(2021~2023年度)」の中で、ザ・プリンス パークタワー東京をはじめとする国内外のホテルや、新横浜西武ビルの売却を明らかにした。

新型コロナウイルスの感染症の拡大による景気低迷で、業績が悪化する企業が多発しており、財務体質の強化の一環として、さらにはコロナ後を見据えた投資拡大に向け、今後も資産売却に取り組む企業は増えそうだ。

手元資金を確保

HISは東京ワールドゲート神谷町トラストタワー4階、5階の本社を7月30日に、三井住友フィナンシャルグループのSMFL みらいパートナーズ(東京都千代田区)に売却し、同日からそのまま賃借するセール・アンド・リースバックを実施する。リース料は交渉中で、7月末をめどに最終契約を結ぶ予定。

同社は新型コロナウイルス感染症拡大の影響で、2020年10月期は311億2900万円の営業赤字に陥っており、6月11日に発表した2021年10月期第2四半期決算でも310億8300万円の営業赤字を計上している。

このため資金を調達し、手元資金を確保するのを狙いに、セール・アンド・リースバックの手法で本社を売却することにした。

売却益は890億円

電通グループが売却を進めている本社は地上48階、地下5階建てのビルで、売却額は3000億円ほどの見込み。売却益は890億円を見込んでおり、売却が実現すれば2021年12月期に、営業損益で870億円、当期損益で590億円のプラス効果があるとしている。

同社の業績は新型コロナウイルスの感染症拡大で落ち込んでおり、2020年12月期は1406億2500万円の営業赤字を余儀なくされた。ただ2021年12月期第1四半期決算では前年同期比16.7%増の288億1100万円の営業利益を計上しており、回復傾向が見え始めている。資産売却による資金は2024年を最終年とする中期経営計画の達成と、その後の成長に向けて活用するとしている。

西武ホールディングスが策定した中期経営計画は、コロナ後の成長を見据えたもので、資産売却資金は、事業による利益と合わせ、所沢駅西口開発や軽井沢プリンスホテルウエストの改装、都心エリアの大規模開発などの価値向上投資などに充当する。

売却は年内をめどに確定する予定で、ホテルなどは売却後も運営を受託したい考え。さらに売却だけでなく、新横浜スクエアビルなどは、流動化することも検討していく。

同社の2021年3月期は515億8700万円の営業赤字だったが、2022年3月期は90億円の営業利益を見込んでいる。

文:M&A Online編集部

M&A Online編集部

M&Aをもっと身近に。

これが、M&A(企業の合併・買収)とM&Aにまつわる身近な情報をM&Aの専門家だけでなく、広く一般の方々にも提供するメディア、M&A Onlineのメッセージです。私たちに大切なことは、M&Aに対する正しい知識と判断基準を持つことだと考えています。M&A Onlineは、広くM&Aの情報を収集・発信しながら、日本の産業がM&Aによって力強さを増していく姿を、読者の皆様と一緒にしっかりと見届けていきたいと考えています。


NEXT STORY

「JTB」が祭りの復活を支援「HIS」「日本旅行」も社会貢献を推進

「JTB」が祭りの復活を支援「HIS」「日本旅行」も社会貢献を推進

2021/06/24

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で厳しい経営環境下にある旅行会社が社会貢献でその存在感を示している。JTBが地域の祭りの復活を支援するほか、HISや日本旅行も食品ロスの削減や子ども食堂の支援を推進する。

関連のM&Aニュース

アクセスランキング

【総合】よく読まれている記事ベスト5