電通グループ、本社ビルを2680億円強で売却 譲渡益を計上

alt
東京・汐留

電通グループ、電通本社ビルを2680億円強で売却へ

公開日付:2021.06.29

 (株)電通グループ(TSR企業コード:291096654、東京都港区、東証1部)は6月29日、電通本社ビルを少なくとも2680億円で売却する予定と発表した。11年間のリースバック契約を締結し、帳簿価格約1790億円の差額約890億円を譲渡益として2021年12月期連結決算に計上する見込み。売却後も本社の使用は継続する予定。

 電通グループによると、資本効率の向上や財務体質の強化などを進め、これまで保有株式の売却や電通八星苑、電通鎌倉研究所の譲渡も実施してきた。電通本社ビルは、購入希望者から購入意向表明書の提出を受け、売却の実施に向けた検討を開始した。

 売却が実施された場合、2021年12月期連結決算に約890億円の譲渡益を計上する見込み。また売却により、2021年12月期連結で、営業損益がプラス約870億円、当期損益は約590億円のプラスが見込まれるという。

東京商工リサーチ「データを読む」より

東京商工リサーチ

世界最大2億件を超える国内・海外の企業情報を提供し、与信管理を支援する東京商工リサーチ(TSR)。長年の蓄積した企業情報データベースを活用し与信管理、マーケティング、調達先管理、海外企業情報に同社の情報を活用する企業は多い。 東京商工リサーチ:http://www.tsr-net.co.jp/


NEXT STORY

電通、海外事業約5800人を削減 構造改革で237億円の赤字

電通、海外事業約5800人を削減 構造改革で237億円の赤字

2020/12/19

電通グループは12月7日、2020年12月期(連結、IFRS基準)の業績予想を公表し、当期利益が237億円の赤字になりそうだと発表した。海外事業に従事する全従業員の12.5%(約5800人)を削減するなど事業統合を進める。

関連のM&Aニュース