ホンダがエンジンを捨て、EVに「本気」を出す三つの理由

alt

2021年4月に就任したホンダの三部敏宏社長が2040年にエンジン車の発売を全面的に停止すると表明した。ホンダといえば自動車だけでなく、オートバイや船舶用、汎用と幅広い分野のエンジンを供給する。ホンダが「エンジンメーカー」と呼ばれる所以(ゆえん)だ。そのホンダが脱エンジンに踏み切る理由とは何か?

理由1 トヨタにハイブリッド車で勝てないから

2040年というと遠い未来のように感じるが、今から20年前は2001年。すでにハイブリッド車(HV)が発売されていた。エンジン車を手がける自動車メーカーにとって、HVは環境対応車(エコカー)の「切り札」。トヨタ自動車<7203>は、現在もエコカーとしてHVの優位性をアピールしている。

ホンダも1999年に初のHV「インサイト」を投入。以来「フィット」や「アコード」といった既存車種にも展開し、現在7車種のHVを販売している。しかし、1997年に世界初のHV「プリウス」を発売したトヨタに先行され、「アクア」や「カローラ」はじめ23車種(プラグインハイブリッド車を除く)を展開する同社の後塵を拝する状況が続く。

世界初の「プリウス」以来、トヨタはHVで世界をリードし続けている(同社ホームページより)

2020年通年のHV国内販売台数でもトヨタの51万5160台に対して、ホンダは15万8828台と3分の1以下だ。HVでエコカーのトップに躍り出る可能性は低く、競争は不利になるばかりだ。なので、トヨタが本格的に参入していないEVで勝負に出ることにしたのである。

NEXT STORY

EV用電池で世界最大手のCATL、「ルーツ」は日本企業だった

EV用電池で世界最大手のCATL、「ルーツ」は日本企業だった

2021/07/08

電気自動車の基幹部品である車載電池でトップを独走する中国CATL。2011年12月に創業したリチウムイオン電池ベンチャーで、2017年にはパナソニックを追い抜き、車載電池市場で世界一となった。その技術の「源流」は日本企業にあるという。

関連のM&Aニュース

アクセスランキング

【総合】よく読まれている記事ベスト5