トヨタの自動運転車、実力はホンダ以下?パラ選手村事故で疑惑が

alt

2021年8月にトヨタ自動車<7203>の自動運転車「eパレット」がパラリンピック選手村で起こした人身事故で、警視庁交通捜査課は1月6日、同乗していたトヨタ社員を過失運転致傷の疑いで書類送検した。同車は5段階ある自動運転レベルの上から2番目となる「レベル4」をうたっていたが、事故当時は運転手の操作をシステムが支援する「レベル2」で運行していたことが明らかに。これはホンダ<7267>の市販車がすでに実現している「レベル3」を下回る。

トヨタの自動運転技術は高くない

トヨタの自動運転技術については、これまでも出遅れが指摘されてきた。米カリフォルニア州車両管理局(DMV)が2021年2月に発表した自動運転公道試験結果報告書によると、自動運転車が運転手の介入なしに走行できた距離は米中企業が3〜4万km超だったのに対し、トヨタはわずか3.79km。「eパレット」が引き起こした事故が運転手の責任とされたのも、当然かもしれない。トヨタの自動運転技術は自動車まかせにできるレベルではなかったのだ。

トヨタの量販車は2021年4月に「レクサスLS」と燃料電池車「ミライ」にようやく「レベル2」の自動運転機能を搭載したが、ホンダはその前月に世界初となる「レベル3」の自動運転車となる新型「レジェンド」を発売している。なぜトヨタの自動運転技術はホンダの後塵を拝しているのか

実はホンダの自動運転研究の歴史は古い。1997年に開発した二足歩行ロボット「P3」が、その第一歩だったという。ホンダは1996年に開発した「P2」で、人間の代わりに労働するロボットの開発を断念。「P3」以降は小型化する一方で、認知能力を向上させていく。その目的こそ自動運転だった。

NEXT STORY

米インテル、買収した自動車用半導体子会社上場で大儲けの見通し

米インテル、買収した自動車用半導体子会社上場で大儲けの見通し

2021/12/10

大型買収した子会社の「のれん代」負担で巨額損出…日本企業でよく聞く話だ。どっこい米国企業は違う。米半導体大手のインテルは車載半導体などを手がけるイスラエルの子会社モービルアイを2022年半ばに米国で上場させると発表。大儲けが期待できそうだ。

関連のM&A速報