【製造業】2021年のM&A取引金額ベスト3は?

alt
2021年の製造業におけるM&Aは総じて小ぶりに(写真はイメージ)

2021年の製造業におけるM&Aの取引金額トップは、米ベインキャピタルを中心とする日米連合が4月28日に日立金属を買収すると発表した案件だった。

日立御三家がTOBで売却へ

ベインキャピタルがTOB(株式公開買い付け)を通じて日立金属の発行済み株式の47%をおよそ4300億円で買い付ける。そのうえで日本産業パートナーズ(東京都千代田区)など日本の投資ファンド2社と組んで、親会社の日立製作所が保有する残る53%の株式を約3800億円で取得し、日立金属を完全子会社化する。買収総額は約8100億円。

日立はグループ事業の再編を進めており、前年には日立化成を昭和電工に売却している。日立金属は1956年に日立の鉄鋼部門が分離独立して発足。日立グループではかつて日立金属、日立電線(日立金属と2013年合併)、日立化成が「御三家」と呼ばれていた。

このTOBは2021年11月下旬に開始する予定だったが、一部の国で競争法に基づく手続きなどが完了していないため実施が先延ばしされている。

第2位はルネサスエレクトロニクスが2021年2月に英アナログ半導体大手のダイアログ・セミコンダクターを約6100億円で買収すると発表した案件。2017年に米インターシル、2019年に米インテグレーテッド・デバイス・テクノロジーの米アナログ半導体大手2社を買収したのに続く大型案件だ。

M&A Online編集部

M&Aをもっと身近に。

これが、M&A(企業の合併・買収)とM&Aにまつわる身近な情報をM&Aの専門家だけでなく、広く一般の方々にも提供するメディア、M&A Onlineのメッセージです。私たちに大切なことは、M&Aに対する正しい知識と判断基準を持つことだと考えています。M&A Onlineは、広くM&Aの情報を収集・発信しながら、日本の産業がM&Aによって力強さを増していく姿を、読者の皆様と一緒にしっかりと見届けていきたいと考えています。


NEXT STORY

次の買収も工作機械メーカー?「日本電産」の戦略とは

次の買収も工作機械メーカー?「日本電産」の戦略とは

2021-11-23

日本電産は2022年1月末に、工作機械メーカーのOKKが実施する第三者割当増資を引き受け、子会社化する。同社は2021年8月に、三菱重工業の子会社・三菱重工工作機械(現日本電産マシンツール)を子会社化したばかりだ。