オーケーが関西スーパーを買収の意向、H2Oとの統合撤回なら

alt
※画像はイメージです

[東京 3日 ロイター] - 首都圏を地盤とするディスカウントスーパーのオーケー(神奈川県横浜市)は3日、関西スーパーマーケットが決めたエイチ・ツー・オー リテイリング(H2O)傘下企業との経営統合について、同案を諮る臨時株主総会で反対票を投じると表明した。統合案が撤回された場合は関西スーパー取締役会の賛同などを前提に、1株当たり2250円で公開買い付け(TOB)を行うとした。

オーケーは関西スーパー株7.69%を所有。オーケーによると、同社は6月、関西スーパーに1株2250円でTOBを提案したが、実質的な協議は設けられなかったという。

関西スーパーは8月31日、H2Oの子会社になることを発表した。H2O傘下の食品スーパー2社と株式交換で統合する。

オーケーは声明で、同社のTOB提案とH2O傘下企業との経営統合案を「公正に比較検討したのか懸念している」とした。

ロイター・ニュース・アンド・メディア・ジャパン

ロイターは世界最大級の国際マルチメディア通信社です。2,500人以上のレポーターと 200以上の拠点を擁し、世界中で生み出される質の高いロイターのニュースは、16を超える言語で毎日配信され、世界各地の数十億人に届けられるなど、その規模は業界随一を誇ります。1851年の設立以来、独立性、高潔性、中立性を柱とする信頼の原則を一環して守り続けています。揺るぎない信頼性をこれからも維持したまま世界各地からニュースをお届けできるよう、たゆまぬ努力を続けていきます。

NEXT STORY

東証、関西スーパーが実質的存続会社か審査へ 統合計画で

東証、関西スーパーが実質的存続会社か審査へ 統合計画で

2021/09/01

東証は31日、関西スーパーマーケット株式について、合併などによる実質的存続性の喪失にかかる猶予期間に入る見込みだと発表した。期間は2021年12月1日から25年3月31日まで。

アクセスランキング

【総合】よく読まれている記事ベスト5