2021年 「メインバンク」ランキング|再編が進む金融機関

alt
※画像はイメージです

地銀再編で地元シェア5割超が21行に増加=全国153万6,402社
「2021年 企業のメインバンク」調査

公開日付:2021.08.27

 地元で取引社数シェア5割超の地銀は、統合した十八親和銀行と第四北越銀行の2行が増え、21行(前年19行)となった。シェア6割超も滋賀銀行、南都銀行、紀陽銀行、山陰合同銀行、十八親和銀行の5行(同4行)を数え、シェア確保や生き残りをかけた地銀再編が加速している。

 2020年10月、長崎県内シェア1位の十八銀行と2位の親和銀行の合併で、十八親和銀行が誕生した。2021年1月には新潟県シェア1位の第四銀行と2位の北越銀行が合併し、第四北越銀行が発足。三重県では2位だった第三銀行と3位の三重銀行が合併した三十三銀行が、シェア1位の百五銀行に迫る。また、青森県1位の青森銀行と2位みちのく銀行が合併予定で、地銀再編が目立ち始めた。信用金庫でも石川県の北陸信金と鶴来信金が合併したはくさん信金がシェア4位に入った。

 全国153万6,402社のメインバンクは、三菱UFJ銀行が12万4,835社(全国シェア8.1%)で調査を開始以来、9年連続でトップを守った。2位は三井住友銀行、3位はみずほ銀行だった。また、SBIホールディングスが資本・業務提携を進める8行のメイン社数は、合計2万6,824社に達し、地銀トップの北洋銀行を上回る。

 コロナ支援で金融機関の存在感が増すなか、自身の生き残りと同時に、地域経済の活性化や取引企業の業績改善などへの地域の期待は高まっている。

2021年 金融機関のメインバンク社数ランキング

※本調査は、東京商工リサーチの企業データベースから2013年-2021年の各年3月末のメインバンクを集計、分析した。商号変更や統合等は、2021年6月末を採用。メインバンクが複数の場合、最上位行をメインバンクとした。
※経営統合や合併した銀行(予定含む)のグループを「金融グループ」と定義した。
※金融グループでは、りそなHDに「関西みらいFG(関西みらい銀行、みなと銀行)」の取引社数を含めた。
※統合した金融機関の統合前の社数は、単純に合算し、順位も合算後とした。

東京商工リサーチ「データを読む」より抜粋

東京商工リサーチ

世界最大4億5千万件を超える国内・海外の企業情報を提供し、与信管理を支援する東京商工リサーチ(TSR)。長年の蓄積した企業情報データベースを活用し与信管理、マーケティング、調達先管理、海外企業情報に同社の情報を活用する企業は多い。 東京商工リサーチ:https://www.tsr-net.co.jp/


NEXT STORY

元メガバンク行員が語る、銀行にM&Aを相談するメリットは?

元メガバンク行員が語る、銀行にM&Aを相談するメリットは?

2021/11/24

M&Aの検討をする際、多くの方は取引銀行に相談をしようと考えているのではないだろうか? 取引銀行には経営状況について細かく相談している場合が多く、財務諸表など様々な資料を出している。今回はM&Aの相談を銀行にするメリットについて説明する。

関連のM&A速報