業界をリードする企業や団体などのM&Aに関する有益な資料を集めてアーカイブしました。
順次追加していきます。

【国税庁】
事業承継税制の拡充

平成25年度税制改正により、事業承継税制(非上場株式の相続税・贈与税の納税猶予制度)の適用要件の緩和や手続きの緩和簡素化などが行われました。これらの改正事項は、原則として…………続く

(出典:国税庁)

【トムソン・ロイター・マーケッツ】
M&A市場リーグテーブル<グローバル版><日本市場版>
2015年の日本関連M&A公表案件は22.4兆円、前年比では約2倍となり、1999年の26兆円に次ぐ高水準を記録した。前年は19件に留まった1000億円超の案件は45件、金額にして15.7兆円となり……続く

(出典:トムソン・ロイター・マーケッツ)

【中小企業庁】
事業引継ぎハンドブック

中小企業・小規模事業者の経営者の高齢化が急速に進行しています。さらに少子化の影響も重なり、後継者が見つからないという問題が厳しさを増していて、M&Aを活用した事業承継の必要性が……続く

(出典:中小企業庁)

【東京商工会議所共済センター】
2015 年から変わる改正ポイント「事業承継税制」活用法
現在、中小企業経営者の平均年齢は約60歳に達し、経営者が引退期を迎える中、事業承継の円滑化は喫緊の課題です。支援のための法律「中小企業経営承継円滑化法」が既に施行されていますが……続く

(出典:東京商工会議所共済センター)


【ベイン・アンド・カンパニー・ジャパン】

M&Aのルネサンス~2000年代の驚くべき教訓~

2007年4月はM&Aの絶頂期であった。同月、世界中の取引総額は、過去最高となる5,000億ドルに達した。通期では世界のM&A案件数が初めて4万件を上回り、それらの累計額は、2000年ドットコム・バブルのピーク時より40%も高い、4.6兆ドルとなった……続く

(出典:ベイン・アンド・カンパニー・ジャパン)

M&Aのルネサンス~潤沢な資本をどう活用するか~
世界は潤沢な資本で満ちている。我々の推計によると、世界中の金融機関は合計約300兆ドルの投資資金を保有している。これらの資金を投資する機が今まさに熟しており、その多くはM&Aの再興に投資されるべきである。……続く

(出典:ベイン・アンド・カンパニー・ジャパン)

M&Aのルネサンス~ディールを成功させる方法~
世界規模で拡大し市場をリードするビール企業を目指すのであれば、ヨハネスブルク(南アフリカ)やサンパウロ(ブラジル)では創業しないだろう。ところが、世界の2大ビール企業であるSAB………続く

(出典:ベイン・アンド・カンパニー・ジャパン)


M&Aから見る日本企業の課題(日経産業新聞 連載シリーズ 「経営コンサルの現場から」)
本書は、2014年4月1日から4月16日の日経産業新聞に掲載された寄稿記事の中身をまとめたものです。
(1)戦略が問題なのではない
「岩盤のように固い本質的な課題にぶち当たったな」。私が最近、コンサルティングの……続く

(出典:ベイン・アンド・カンパニー・ジャパン)

M&Aは日本企業の必修科目に ~「縮む」日本を超えて成長するために~
M&A 成功のためのキーワード
①「縮む」日本に打ち克つ、成長への渇望。毎年5%の売上成長を目指す。買ってでも成長する
②コア事業において相対市場シェアをあげるM&A戦略を立案する………続く

(出典:ベイン・アンド・カンパニー・ジャパン)


【ベーカー&マッケンジー法律事務所(外国法共同事業)
グローバル化への挑戦 日本企業における 戦略的組織革新
市場データが示すところでは、今日の日本企業の経営者はグローバル化への準備ができている。このことは、過去四年間で増加傾向にある日本発のアウトバウンド型 M&A 案件や活発化してい………続く

(出典:ベーカー&マッケンジー法律事務所(外国法共同事業)) 

【マーサー ジャパン】
M&Aにおけるシナジー創出を、人事・組織面から一貫してサポート-
マーサーは、国内のM&A、あるいは、海外企業を対象としたM&A(クロスボーダーM&A)を問わず、M&Aにおける様々な 人事関連課題の把握と解決を、事前準備期(プレ・ディール)から……続く

(出典:マーサー ジャパン)

【みずほ総合研究所】
M&A新時代とどう向き合うか-世界のM&A「失われた7年」に転機-
景気回復期の強まり、極めて緩和的な金融環境、アクティビストも含めたファンドの存在感の高まりなどから、世界的に企業の合併・買収(M&A)が活発化しつつある。日本企業にとっては……続く

(出典:みずほ総合研究所)

中堅・中小企業にとってM&Aは「成長の核」だ
日本企業のM&Aが件数・金額ともに過去最高に迫る勢いで活発化している。とりわけ最近は、そのトレンドが大手企業から中堅・中小企業に広がりを見せている。優れた技術・ビジネスモデルや、……続く

(出典:みずほ総合研究所)

【みずほ銀行】
M&A における無形資産評価の意義
近時、買収価格が巨額に上る海外大型 M&A 案件が増加しており、買収後の連結貸借対照表に計上される無形資産やのれんの財務情報における重要性も高まりつつある…… 続く

(出典:みずほ銀行)


まとめ:M&A Online編集部