M&Aの記事一覧

【中小企業のM&A】「後継者不在」「選択と集中」「第二の人生」をキーワードとするM&A成約事例

【中小企業のM&A】「後継者不在」「選択と集中」「第二の人生」をキーワードとするM&A成約事例

今回は、顧客向けセミナーや金融機関向け勉強会でリクエストが多い「成約事例」について取り上げたい。「後継者不在」、「選択と集中」、「第二の人生を見据えて」の3つケースを紹介する。

記事を読む
コロナ禍の中「日本創発グループ」がM&A積極策をとる理由とは

コロナ禍の中「日本創発グループ」がM&A積極策をとる理由とは

印刷技術などを用いて創造性(クリエイティブ)を表現するために必要なサービスを提供すクリエイティブサービスを手がける日本創発グループが、コロナ禍の中M&Aに対する積極姿勢を堅持している。

記事を読む
老舗印刷のイズミプロセス 特別清算へ

老舗印刷のイズミプロセス 特別清算へ

老舗印刷業者のイズミプロセスが12月17日、東京地裁へ特別清算を申請した。イズミプロセスの負債は約39億円、関連会社を含めた4社の負債合計は約56億8000万円だった。

記事を読む
飲食店「買収」が急増 勢いが止まらないクリエイト・レストランツ

飲食店「買収」が急増 勢いが止まらないクリエイト・レストランツ

クリエイト・レストランツ・ホールディングスの勢いが止まらない。2019年6 月26 日(発表ベース)に過去最高(2018年の3件)を上回る年間4件のM&Aを実施したあと、同年9月2日、9月12日に相次いで更新。年間M&A件数が6件に達した。

記事を読む
中小企業の事業承継やM&Aを支援|​M&Aでビジネスする人々(2)

中小企業の事業承継やM&Aを支援|​M&Aでビジネスする人々(2)

中小企業の事業承継やM&Aを支援する株式会社日本経営承継支援。代表の笹川敏幸さんに、独立系のM&A仲介会社を経て起業した経緯、最近の中小企業にとってのM&Aの動向などについて聞いた。

記事を読む
巨額の「のれん」を計上している会社ランキング その特徴は?

巨額の「のれん」を計上している会社ランキング その特徴は?

のれんの計上額が巨額になると、のれんの減損処理の影響が心配になる。だが、リスクはそれだけではない。のれんの一部には配当規制がかけられている。万が一、経営破たんなどがあった場合、のれんは弁済手段にはならず、清算価値がないことにも留意したい。

記事を読む
人事・総務のプロに聞く「M&Aにおける人事労務の留意点」その1

人事・総務のプロに聞く「M&Aにおける人事労務の留意点」その1

M&Aというと、買収価格等の条件面が注目されがちだが、「ヒト」の問題に関しても周到に準備しておかないと、労務トラブル等で思わぬコストが発生する、ということになりかねない。今回はM&Aを行う際の人事労務関係の留意点や制度統合などに関して、社会保険労務士法人三島事務所でM&Aに関する人事制度策定やコンサルを多数手掛けている林英臣マネージャーに伺った。

記事を読む
いま、日本企業に必要なこととは? アゴラ研究所所長・池田信夫氏インタビュー

いま、日本企業に必要なこととは? アゴラ研究所所長・池田信夫氏インタビュー

『失敗の法則 日本人はなぜ同じ間違いを繰り返すのか』(KADOKAWA)を上梓したアゴラ研究所所長の池田信夫氏にインタビュー。日本人が陥りやすい失敗パターンの共通点、それを生み出した歴史的背景を紐解きつつ、これからの日本企業や日本経済に必要とされることとは何かを語ってもらった。

記事を読む
【経営者・株主必見!】株主になることにメリットは何か?

【経営者・株主必見!】株主になることにメリットは何か?

株主の権利には「もうけの一部をもらえる権利」と「経営に口出しできる権利」があります。一方で会社側は出資を募ることでより大きなビジネスをすることができます。

記事を読む
【中小企業のM&A】 失敗しない買い方

【中小企業のM&A】 失敗しない買い方

今回は中小企業を買収する場合のポイントについてまとめてみました。M&Aを成功させるための勘所をご紹介します。

記事を読む
【経営者必見!】「売れる会社」にするための4つのポイント

【経営者必見!】「売れる会社」にするための4つのポイント

会社の売却を検討し始めたら、まず買い手の見方を理解し、それに合わせた準備をしておかなければなりません。特に以下の4点を意識しましょう。

記事を読む
【M&A基礎知識】会社を買収するときに確認したい4つのポイント

【M&A基礎知識】会社を買収するときに確認したい4つのポイント

中小企業のM&Aにおいて売れる会社となるには、買い手が評価するポイントを押さえる必要があります。買い手はどのような点に着目しているのでしょうか。

記事を読む
【M&Aの基礎知識】M&Aに関する課税ルール 組織再編税制とは

【M&Aの基礎知識】M&Aに関する課税ルール 組織再編税制とは

M&A Onlineでもたびたび取り上げてきた「組織再編税制」ですが、M&Aを実行する際において、非常に大切な税務知識となります。今回は初心者向けにわかりやすく概要を解説します。

記事を読む
相次ぐIoT分野のM&A;米国のIoT関連投資は2.6兆円に

相次ぐIoT分野のM&A;米国のIoT関連投資は2.6兆円に

米国ではIoT分野のM&Aが相次いで発表されています。調査会社のIDCによると米国IoT関連の投資は2.6兆円に達する見込みとのこと。最新の動向をTransCap代表の坂崎昌平氏がシリコンバレーからお伝えします。

記事を読む
こっそり買収するのが好きなアップル。Appleの過去3年間買収まとめ

こっそり買収するのが好きなアップル。Appleの過去3年間買収まとめ

秘密裏に開発を進めるアップル(Apple)。当然ながら買収案件も公開しない主義だ。過去3年間のAppleが買収した企業をまとめてみた。

記事を読む
ネットからリアルへ。Googleの過去3年間買収まとめ

ネットからリアルへ。Googleの過去3年間買収まとめ

過去にはシリコンバレーでもっとも多くの買収を行っているといわれたGoogleですが最近はどうでしょうか。Googleの過去3年間のM&Aをまとめてみました。

記事を読む
ベンチャーM&A速報:産業IoT分野のM&Aに注目!AspenTechがMtellを買収

ベンチャーM&A速報:産業IoT分野のM&Aに注目!AspenTechがMtellを買収

米国では産業IoTの分野ではメーカーが積極的に買収や資金調達を行っているようです。最新の動向をTransCap代表の坂崎昌平氏がシリコンバレーからお伝えします。

記事を読む
【中小企業のM&A】M&Aのタックスプランニング

【中小企業のM&A】M&Aのタックスプランニング

M&Aにかかる税金のなかで注意が必要なのが「所得税」と「法人税」です。売り手にとっては手取りの増加、買い手にとっては節税メリットとなります。タックスプランニングについては、専門家のアドバイスを受けることをおすすめします。

記事を読む
【キャリア危機への処方箋(3)】M&Aでリストラ宣告!明るい未来を切り拓くためには?

【キャリア危機への処方箋(3)】M&Aでリストラ宣告!明るい未来を切り拓くためには?

連載第3回では、M&Aに限らずリストラに直面した人々の相談を数多く受けてきたキャリアバランスの弓ちひろ代表と同社取締役の赤堀吉昭氏に、リストラ宣告をされても明るい未来を切り開いていくための処方箋を伺う。

記事を読む
ウッカリにご注意!合併で贈与税が発生するケース

ウッカリにご注意!合併で贈与税が発生するケース

節税ヒントがあるかもブログのメタボ税理士さんが合併で贈与税が発生する事例をご紹介します。合併後の純資産12億円程度の会社の場合、数千万円の贈与税がかかることも。合併交付株数にはご注意を

記事を読む
[建設業界のM&A]人材不足解消のためM&Aが活用に

[建設業界のM&A]人材不足解消のためM&Aが活用に

大手ゼネコンの業績が軒並み好調のなか、人材不足が問題となっており、労務費単価も上昇傾向が続いている。こうした人材不足の解消および人材確保を目的としたM&Aは引き続き増えていくと思われる。

記事を読む
【キャリア危機への処方箋(2)】「正論で反論」は逆効果。社内抗争をうまく切り抜けるには?

【キャリア危機への処方箋(2)】「正論で反論」は逆効果。社内抗争をうまく切り抜けるには?

前回に続き、M&Aで従業員が直面する問題についてキャリアバランスの弓ちひろ代表と同社取締役の赤堀吉昭氏にインタビューを行いました。M&Aを契機に起こりうる社内抗争について実例を引き合いに出しながら傾向と対策を探ります。

記事を読む
【キャリア危機への処方箋(1)】M&Aで社内は大混乱。賢いビジネスパーソンは転職すべき?

【キャリア危機への処方箋(1)】M&Aで社内は大混乱。賢いビジネスパーソンは転職すべき?

M&Aに直面した従業員が、どのように前向きな会社生活を送り、自身のキャリアをよりよいものにしていくにはどのように判断し行動すべきなのだろうか。企業における従業員のキャリア相談から研修まで、幅広い分野で活動するキャリアバランスの弓ちひろ代表と、自身も会社員としてM&Aに直面したことがあるという、同社取締役の赤堀吉昭氏に話を伺った。第1回は転職判断についてお伝えする。

記事を読む
【M&Aインサイト】他社の株式取得に際しての役員の善管注意義務違反を否定した裁判例

【M&Aインサイト】他社の株式取得に際しての役員の善管注意義務違反を否定した裁判例

取締役が善管注意義務に違反したことにより会社に損害を与えた場合には、会社に対し損害賠償責任を負うことになる。今回の森・濱田松本法律相談事務所による「Client Alert」では、異業種会社の株式取得に関する役員の善管注意義務違反を否定した裁判例を紹介する。

記事を読む
社長、会社を売ろうと思ったことありますか?ベンチャー社長100人に直接聞いてみました。

社長、会社を売ろうと思ったことありますか?ベンチャー社長100人に直接聞いてみました。

「社長、会社を売ろうと思ったことはありますか?」今回は、こんなセンシティブなアンケートを行った記事を取り上げてみます。

記事を読む