M&A速報

大林組<1802>、大林道路<1896 >をTOBにより完全子会社化へ

2017/05/10

大林組は、連結子会社(議決権割合:41.67%)である大林道路の普通株式により取得することを決議した。本TOBは大林道路を完全子会社化することを目的としている。

買付代金は246億円。

買付け等の価格は普通株式1株につき940円。(前日終値の694円に対して35.45%のプレミアム)

公開買付期間は、平成29年5月11日から平成29年6月21日まで。

関連の記事

【大林組】海外事業優等生のゼネコンが抱える「ユウウツ」とは?

【大林組】海外事業優等生のゼネコンが抱える「ユウウツ」とは?

2018/04/26

大林組は2011年から海外で積極的なクロスボーダーM&Aを展開し、短期間のうちに海外事業を拡大してきた。現在、大林組の海外売上比率は約25%と、国内ゼネコンでもトップクラス。「グローバル展開の優等生」といえる。そんな優等生も大きな課題を抱えている。

2017年第2四半期TOBプレミアム分析レポート

2017年第2四半期TOBプレミアム分析レポート

2017/07/18

2017年第2四半期TOBプレミアム分析レポートを公開しました。50%を超えるプレミアムのTOBはゼロ(0件)、当四半期の総プレミアムの平均値は7.9%でした。

[建設業界のM&A]人材不足解消のためM&Aが活用に

[建設業界のM&A]人材不足解消のためM&Aが活用に

2016/11/01

大手ゼネコンの業績が軒並み好調のなか、人材不足が問題となっており、労務費単価も上昇傾向が続いている。こうした人材不足の解消および人材確保を目的としたM&Aは引き続き増えていくと思われる。

M&A速報検索

クリア