1.総評

TOB件数は公表ベースで18件と前年同期(14件)比で増加した(表1)。
◆大型案件としてはユニーによるサークルKサンクスの完全子会社化(712億円)、フジメディアホールディングスによるサンケイビルの完全子会社化(313億円)があった。成立金額ベースでは1712億円(進行中の案件は買い付け予定数で計算して集計)となっている(表2)。
MBO案件はベンチャーリパブリックのみとなっており、前年同期が7件というMBOラッシュだった状況から情勢が変化している。
◆ポジティブプレミアムの平均値は56.8%で傾向に大きな変化は見られない(表3)。分布で見ても大きな変化はない(表4)。
◆全体的に落ち着いた四半期であったといえる。
(注)プレミアム算定に採用している株価は特に断りがない限り、公表日前3カ月平均株価としている。

2. TOB件数の推移

TOB件数は公表ベースで18件と前年同期(14件)比で28.6%増。

3. 2012年第1四半期の主なTOB◆表2

2012年4月9日現在

公表日 対象会社 買手企業 状況 買付価格 株価 プレミアム 買付総額 (百万円)
2012.1.19 メッセージ ジャパンケアサービ
スグループ
成立 345 230 50.0% 2,684
2012.1.19 フジ・メディア・ホールディングス サンケイビル 成立 740 310 138.7% 31,318
2012.1.30 エヌ・ティ・ティ・ドコモ らでぃっしゅぼーや 成立 990 725 36.6% 4,924
2012.2.16 ユニー サークルKサンクス 成立 1,780 1,273 39.8% 71,209