大和ハウス工業(株)(以下「大和ハウス」)は、完全子会社であるDaiwa House USA Inc.(米国)を通じて、米国において戸建住宅事業を行うStanley-Martin Communities, LLC(米国、連結売上高436億円(417,364千米ドル)、連結営業利益25億3000万円(24,252千米ドル)、連結純資産197億円(189,146千米ドル)、以下「スタンレー・マーチン」)の持分82.0%を取得し、子会社化することについて、2016年10月26日(米国東部時間10月25日)開催の取締役会において決議し、同日に持分譲渡契約を締結したことを発表した。

大和ハウスグループは、顧客と共に新たな価値を創り、活かし、高め、人が豊かに生きる社会の実現を目指し、「人・街・暮らしの価値共創グループ」として、戸建住宅、賃貸住宅、マンション、住宅ストック、商業施設、事業施設といった生活基盤産業への総合的な事業を展開しており、2016年度を初年度とする第5次中期経営計画においては、「不動産開発への積極投資」と「海外展開の加速」を基本方針の一つとしている。海外においては、米国・豪州・ASEAN 諸国を中心に事業を拡大予定であり、スタンレー・マーチンの持分取得はその一環である。

スタンレー・マーチンは、バージニア州を中心に米国東部地域を主要な戦略拠点として、戸建住宅の開発・販売を50年にわたり手掛けている非上場企業であり、顧客中心の経営姿勢に基づいた豊富な開発実績と、地元に深く根付いた営業基盤を有しているとのこと。

大和ハウスグループがスタンレー・マーチンに対して協力することにより、同社が現地で行う事業領域の更なる発展を目指すと同時に、大和ハウスグループが同社から米国での戸建住宅事業のノウハウを習得し、米国における当該事業の拡大を加速化することが狙い、としている。

持分取得価額は約263億円(251,902千米ドル)。

持分譲渡実行予定日は2016年12月(米国における関係当局の許可に関する手続きの完了後となるため、変動する可能性有り)。

※1米ドル=104.49円にて換算。