M&A速報

飛島建設<1805>、潜水工事のノダックと関連会社のジャパンレイクアンドキャナルを子会社化

2018/02/15

飛島建設は、潜水工事や上下水道メンテナンスを主力とするノダック(大阪府豊中市。売上高17億円)の株式79.9%と、その関連会社で水質保全事業を手がけるジャパンレイクアンドキャナル(滋賀県長浜市。売上高3090万円)の株式75.2%をそれぞれ取得し子会社化したと発表した。

飛島建設はノダックグループが潜水工事で培ったノウハウ、人材と独自のリムノロジー(湖沼学)技術を取り込むことにより、水インフラリニューアル事業への参入と海外展開を含めた環境負荷低減事業の拡充を目指す。

取得価額は非公表。取得日は2018年2月15日。

M&Aデータベース

関連の記事

[建設業界のM&A]人材不足解消のためM&Aが活用に

[建設業界のM&A]人材不足解消のためM&Aが活用に

2016/11/01

大手ゼネコンの業績が軒並み好調のなか、人材不足が問題となっており、労務費単価も上昇傾向が続いている。こうした人材不足の解消および人材確保を目的としたM&Aは引き続き増えていくと思われる。

M&A速報検索

クリア