menu
Social media

2014年第1四半期TOBプレミアム分析レポート

Cover dbb63f5b 4490 4c5d a152 69321405f5a8

1. 総評

TOB件数は公表ベースで8件と前年同期(27件)比で大幅に減少した(表1)。
◆大型案件としては、日本電気によるNECフィールディングに対する公開買付が実施されている。NECグループは、過去にも、2004年のNECソフト、NECシステムテクノロジー(現NECソリューションイノベータ)の完全子会社化、2009年のNECトーキンの完全子会社化、昨年のNECモバイリングの丸紅グループへの売却等上場子会社の上場廃止を行ってきている(表2)。
◆ポジティブプレミアムの平均値は50.5%となっており、昨年から上昇したように見えるが、テクタイトのシーエスロジネットに対するTOBの影響が大きく、実質的には大きな変化は生じていない。
分布で見ても大きな変化はないものの、株価が上昇した水準を保っていることから、50%を超えるプレミアムのTOBの割合は引き続き低い割合となっている(表3) (表4)。
(注)プレミアム算定に採用している株価は特に断りがない限り、公表日前3カ月平均株価としている。

2. TOB件数の推移

TOB件数は公表ベースで8件と前年同期(27件)比で大幅に減少。

3. 2014年第1四半期の主なTOB

2014年4月23日現在

公表日 対象会社 買手企業 状況 買付価格 株価 プレミアム 買付総額
(百万円)
2014.1.28 トーメンエレクトロニクス 豊田通商 進行中 1.650 1,193 41.15% 15,968
2014.1.30 NECフィールディング 日本電気 成立 1,580 1,142 36.32% 25,931
2014.1.30 昭和飛行機工業 三井造船 成立 1,650 1,121 44.86% 16,500

※未定または進行中の案件は買付予定数に公開買付価格を乗じて買付総額を算出している。

4. 買収プレミアム(TOB)の推移

5. 買収プレミアム(TOB)の水準


※総プレミアム平均の推移55.6%(2009)→ 41.7%(2010)→ 51.2%(2011)→ 45.0%(2012)→ 31.3%(2013) →42.6%(2014・1Q)
※ポジティブプレミアム平均の推移63.8%(2009)→ 47.4%(2010)→ 54.9%(2011)→ 51.2%(2012)→48.4%(2013) → 50.5%(2014・1Q)

資料提供:株式会社ストライク

M&A Online編集部

M&Aをもっと身近に。

これが、M&A(企業の合併・買収)とM&Aにまつわる身近な情報をM&Aの専門家だけでなく、広く一般の方々にも提供するメディア、M&A Onlineのメッセージです。私たちに大切なことは、M&Aに対する正しい知識と判断基準を持つことだと考えています。M&A Onlineは、広くM&Aの情報を収集・発信しながら、日本の産業がM&Aによって力強さを増していく姿を、読者の皆様と一緒にしっかりと見届けていきたいと考えています。


株式公開買付(TOB)・MBO

コメントする

コメントするには ログイン が必要です。

NEXT STORY

 2012年第2四半期TOBプレミアム分析レポート

注目の記事

Thumb e1b02e19 e880 4647 9b2e 9735a2922dd8

【リコー】「再成長」へM&A投資 2000億円

リコーが2018~19年度にM&Aに2000億円超を投資する方針を打ち出した。同社にとって大命題は「再成長」の一語に集約される。業績は10年近く一進一退が続き、伸びを欠いたままだ。リコー復権ののろしは上がるのか?

Thumb 5535fbd2 d91a 4fbd a0be 6bc68475be6d
Thumb ec47f788 1259 4d83 bdd8 8407d10e0e92
Thumb 86c7d0cc ec0a 493b bd1c abd4c0f6d333