menu
Social media

2014年第1四半期TOBプレミアム分析レポート

Cover dbb63f5b 4490 4c5d a152 69321405f5a8

1. 総評

TOB件数は公表ベースで8件と前年同期(27件)比で大幅に減少した(表1)。
◆大型案件としては、日本電気によるNECフィールディングに対する公開買付が実施されている。NECグループは、過去にも、2004年のNECソフト、NECシステムテクノロジー(現NECソリューションイノベータ)の完全子会社化、2009年のNECトーキンの完全子会社化、昨年のNECモバイリングの丸紅グループへの売却等上場子会社の上場廃止を行ってきている(表2)。
◆ポジティブプレミアムの平均値は50.5%となっており、昨年から上昇したように見えるが、テクタイトのシーエスロジネットに対するTOBの影響が大きく、実質的には大きな変化は生じていない。
分布で見ても大きな変化はないものの、株価が上昇した水準を保っていることから、50%を超えるプレミアムのTOBの割合は引き続き低い割合となっている(表3) (表4)。
(注)プレミアム算定に採用している株価は特に断りがない限り、公表日前3カ月平均株価としている。

2. TOB件数の推移

TOB件数は公表ベースで8件と前年同期(27件)比で大幅に減少。

3. 2014年第1四半期の主なTOB

2014年4月23日現在

公表日 対象会社 買手企業 状況 買付価格 株価 プレミアム 買付総額
(百万円)
2014.1.28 トーメンエレクトロニクス 豊田通商 進行中 1.650 1,193 41.15% 15,968
2014.1.30 NECフィールディング 日本電気 成立 1,580 1,142 36.32% 25,931
2014.1.30 昭和飛行機工業 三井造船 成立 1,650 1,121 44.86% 16,500
※未定または進行中の案件は買付予定数に公開買付価格を乗じて買付総額を算出している。

4. 買収プレミアム(TOB)の推移

5. 買収プレミアム(TOB)の水準

※総プレミアム平均の推移55.6%(2009)→ 41.7%(2010)→ 51.2%(2011)→ 45.0%(2012)→ 31.3%(2013) →42.6%(2014・1Q)
※ポジティブプレミアム平均の推移63.8%(2009)→ 47.4%(2010)→ 54.9%(2011)→ 51.2%(2012)→48.4%(2013) → 50.5%(2014・1Q)

資料提供:株式会社ストライク

コメントする

コメントするには ログイン が必要です。

NEXT STORY

 2012年第2四半期TOBプレミアム分析レポート

注目の記事

Thumb 67c07256 1a39 4030 942e 859fc62c59bd

【住友電工】120周年を迎えた老舗の積極果敢なセグメント強化

住友電気工業<5802>は大阪市北浜に本社を置き、今年創業120年を迎える。自動車内部の情報や電力伝送を行う配線システムのワイヤーハーネスは世界シェア2位だ。世界40カ国以上で約390社、24万人を雇用する巨大グループのM&A戦略を見る。

Thumb aab5828a 4508 4f87 9de8 fbb6c17f616d
Thumb fc758a30 9e49 4944 852f 5ed8848b7dbd
Thumb 53057971 69a9 420e bd85 9355ac266c47