menu
Social media

ビジネス

2016年M&Aのツボ

Cover 6b8a730f ee99 42a4 ab0f ad7ae979807f

2016年、M&A注目の案件とは……

「世界の企業による昨年のM&A(合併・買収)の総額は5兆300億ドル(約590兆円)となり、8年ぶりに過去最高をぬりかえた」(朝日新聞デジタル 2016年1月15日)とあるように、主要メディアは15年がM&Aにとって特別な一年だったことを報じています。

 世界的な低成長の中で、投資家のプレッシャーなどから手早くトップラインをたたき出すためにM&Aを実行する……。M&Aの動機はさまざまですが、そういったディールが多かったことが、昨年のM&Aを記録的なものにまで押し上げたと映ります。M&Aで売り上げを増加させることは、もちろん虚飾でも違法でもありません。ただ、売り上げの増加ばかりを目的としたM&Aは、ややドーピング的な印象を受けます。実力以上の数値を、特別な大会(決算)の時だけ“秘策”で記録する、そんなイメージを受けるからです。言い過ぎでしょうか。一部報道では16年は昨年の記録を塗り替えるだろうと伝えていますが、果たしてどうなるのでしょうか?

 それはともかく。今回は昨年のトピックから、今年M&Aのツボとなるのはどのようなものかを考えてみました。みなさんはどうお考えでしょうか。

(1)国内の事業承継型M&Aさらに加速

 昨年、中小企業庁もM&Aを一手法として推奨。全国に「事業引継ぎ支援センター」設置も急ピッチで進む事業承継支援に本腰。(参考:中小企業庁「事業承継ガイドライン 20問20答」)

 背景にあるのはもちろん企業経営者の高齢化です。合理的な手法としてM&Aも積極活用して日本を支える中小企業の世代交代や集約を促すトレンドはまだ継続しそうです。


(2)世界の大型ディール第2幕に注目

 昨年の大型ディールの余波が今年も業界をにぎわせるでしょう。ビール最大手ABインベブ(ベルギー)の同2位SABミラー(英)買収など、巨大買収案件では、各国の反トラスト法(日本で言う独占禁止法)逃れでいくつかの事業を売却する必要が出てきます。この案件ではミラークアーズ事業を切り離すのではないかと言われ、アサヒなど日本の飲料メーカーが虎視眈々とそれを狙っていると言われています。一方でシェアなど業界地図が塗り替わることによりコンペティターを刺激、再編スイッチが入ることは間違いなく、様々な憶測が飛んでいます(日経ビジネスは、ABインベブのコカ・コーラ買収の噂があると伝えています)。

M&A予想・トレンド

NEXT STORY

業界別 M&A動向レポート[ホテル・旅館業界]

業界別 M&A動向レポート[ホテル・旅館業界]

外国人延べ宿泊者数が増加した。好況の背景や東京五輪を見据えたブランドホテルを巡るM&Aなどの動向をレポートする。


注目の記事

Thumb e1b02e19 e880 4647 9b2e 9735a2922dd8

【リコー】「再成長」へM&A投資 2000億円

リコーが2018~19年度にM&Aに2000億円超を投資する方針を打ち出した。同社にとって大命題は「再成長」の一語に集約される。業績は10年近く一進一退が続き、伸びを欠いたままだ。リコー復権ののろしは上がるのか?

Thumb 5535fbd2 d91a 4fbd a0be 6bc68475be6d
Thumb 88ffbc7d d8c1 4c46 a94a d5f6737c0e91
Thumb cc85b8b5 8edb 443a a273 78ca4504aa70