【2021年外食業界のM&A】スシローが京樽買収でテイクアウト強化へ

alt
京樽 川崎駅 ビル(アトレ)

2021年も新型コロナウイルスが収束する見込みは立たず、飲食店は度重なる緊急事態宣言の発令によって時短営業や休業を余儀なくされました。特に宴会需要が消失した居酒屋はその打撃が大きく、協力金の助けを得ても財政危機に陥る企業が続出しました。居酒屋「熱中屋」のDDホールディングス<3073>、その子会社で「kawaraCAFE」を運営するエスエルディー<3223>、「昭和食堂」の海帆<3133>、レストラン「XEX」のワイズテーブルコーポレーション<2798>債務超過に陥っています。

今年はスリム化を図るための子会社売却や、第三者割当増資をする企業が目立ちました。昨年に引き続いて業態の幅を広げるためのM&Aや、デリバリー・テイクアウトを取り込んで事業の多角化を選択する企業も多くなっています。この記事は2021年の主な外食M&Aを紹介する内容です。

居酒屋10月の売上は2019年比で5割以下の水準に

2021年8月には1日のコロナ新規陽性者数が25,851人と過去最多を記録しました。その後ワクチン接種が順調に進み、国立感染研究所によると12月16日の段階で2回目接種者の割合は全人口の77.5%を占め、12月25日の感染者数は322人まで減少しました。

緊急事態宣言か解除された10月は飲食店の回復は鮮明になりました。日本フードサービス協会によると、全国の2021年10月の売上高は前年同月比99.5%。2019年比で93.9%まで回復しています。9月は2019年比で78.3%に留まっていました。

回復しているとはいえ、業態によって差が生じていることも事実です。ファーストフードの戻りが早く、10月の売上高は2019年比で107.5%となりました。焼肉は100.4%、回転寿司も101.8%と2019年の水準を上回っている好調な業態です。苦戦を続けているのがファミリーレストランと居酒屋。10月のファミリーレストラン売上高は2019年比で84.1%。90%の水準まで届いていません。サイゼリヤ<7581>がコロナ収束後も深夜営業を全面的に取りやめると発表するなど、売上至上主義から利益重視へと戦略を変更したことが要因の一つとなっています。

そして大苦戦しているのが居酒屋。10月は2019年比で46.5%となりました。半分にも届いていません。これは10月から年末にかけての宴会需要が消失したことが大きく影響しています。飲食店利用の人数制限は少しずつ撤廃されたものの、居酒屋企業は2021年も一番の稼ぎ時を失いました。しかも今年は一斉に全国の飲食店が再オープンした影響でアルバイト不足が深刻化。店舗のオペレーションが追い付かず、顧客を店に入れられない店も続出しました。

大荒れに荒れたDDホールディングス

Aloha Table アロハテーブル 横浜ベイクォーター

コロナ前にM&Aで事業を拡大していたDDホールディングスが、2021年2月期に85億700万円の純損失(前年同期は14億4,200万円の純利益)を計上し、3億100万円の債務超過に転落しました。これが一つの転機となり、一枚岩と思われていた組織が崩れ始めます。それを象徴するのがダイニングレストラン「アロハテーブル」を運営する盟友ゼットン<3057>との別れです。

DDは2016年9月にTOBでゼットンを持分法適用関連会社にしました。翌年の6月に連結子会社化しています。DDはゼットンの創業者である稲本健一氏を役員に迎え入れ、二人三脚で会社を牽引していました。

しかし、ゼットンは2021年12月14日の取締役会にて、「ニコアンド」を展開するアパレル企業アドストリア(茨城県水戸市)に対して第三者割当増資を決定。さらにアダストリアによるTOBに賛同すると発表しました。ゼットンは2022年2月にアダストリアの子会社となります。ゼットンは、DDから借金6億円の返済計画の提示を求められ、これを返済するためにはDDのグループ以外から資金を調達する他なかったとしています。金の切れ目が縁の切れ目となりました。

DDは2021年8月にアメリカの子会社Diamond Dining International Corporationを、代表取締役社長HIRONORI MICHAEL NISHI氏に500万円で譲渡するなど組織のスリム化を進めています。

DDの子会社エスエルディーも2021年2月期に7億4,000万円の純損失(前年同期は200万円の純利益)を計上し、3億3,200万円の債務超過に転落しています。ゼットンと同じく今のDDに子会社を救済するだけの資本力はなく、エスエルディーがどのような手を打つのか注目が集まります。

同じく、コロナで組織が瓦解した例が2019年11月に誕生したGYRO HOLDINGS(新宿区)。この会社は居酒屋「ひもの屋」などを運営するsubLime(新宿区)と「WIRED CAFE」のカフェ・カンパニー(渋谷区)が経営統合した会社です。異色の組み合わせで業界を驚かせたGYRO HOLDINGSですが、発足から半年もたたないうちにコロナに襲われました。

カフェ・カンパニーは2021年8月にロート製薬<4527>と資本業務提携を締結。ロート製薬の持分法適用会社となりました。カフェ・カンパニー代表の楠本修二郎氏はロート製薬の食分野のアドバイザリーに就任しています。ロート製薬は成長戦略の一つに食分野を置いていました。すでに薬膳料理レストラン「旬穀旬菜」などを出店しており、カフェ・カンパニーへの出資で食事業の強化に努めます。

GYRO HOLDINGSは2021年11月香港の大手投資ファンドPAGに買収されました。ファンド傘下で新たなスタートを切りました。

NEXT STORY

「スシロー」が今期減益に!その実態は

「スシロー」が今期減益に!その実態は

2021/11/10

回転ずし店「スシロー」を展開するFOOD & LIFE COMPANIESが、2022年9月期に10%ほどの減益に転じる。前年度に過去最高益となっただけに、一年での反落は気がかりなところ。どのような要因で減益に転じるのか。

関連のM&A速報