M&A速報

ロート製薬<4527>、ブラジル目薬製造販売会社のOPHTHALMOS社を子会社化

2016/10/21

ロート製薬<4527>は、ブラジルにおける眼科手術用デバイスおよび目薬をメインに製造販売するOPHTHALMOS社(売上11億円)の普通株式の60%を取得し、子会社化した。

ロート製薬は、2013年にロート・ド・ブラジル社を設立し、ブラジルでの市場調査を行ってきた。ブラジルでの白内障手術は日本の6割程度の実施数であること、OTC目薬市場が日本の4割程度ではあるものの、生活レベルの改善から市場が成長していること、高齢化に伴いアイケアの潜在需要が大きいと見込み、今回の買収に至った。

株式取得日は平成28年10月21日。

取得価額は非公表。

M&Aデータベース

関連の記事

アリナミン・ボラギノール・キャベジン…「大衆薬」で企業買収がなぜ盛り上がる?

アリナミン・ボラギノール・キャベジン…「大衆薬」で企業買収がなぜ盛り上がる?

2021/06/14

大衆薬メーカーがこのところ、企業買収で何かと話題を提供している。各社とも知名度抜群の商品ブランドを抱えるだけに、その去就について注目度も高い。

ロートが買収した「ボラギノール」の天藤製薬、その意外なルーツ

ロートが買収した「ボラギノール」の天藤製薬、その意外なルーツ

2021/06/10

目薬最大手のロート製薬が痔の治療薬「ボラギノール」を製造する天藤製薬の株式67.19%を取得して子会社化すると発表した。買収金額は非公開だが、90億円程度とみられる。目薬メーカーが目をつけた天藤製薬の歴史は200年を超える。そのルーツは?

【ロート製薬】2030年にありたい姿に向けM&Aを推進

【ロート製薬】2030年にありたい姿に向けM&Aを推進

2021/06/10

ロート製薬が、およそ1年半ぶりにM&Aに乗り出した。痔の治療薬を手がける天藤製薬を子会社化するもので、一般用医薬品事業領域の拡大を掲げる2030年ビジョン実現の一環だ。今後は他の事業領域でのM&Aもありそうだ。

アフリカ企業のM&A 2016年以降わずか4件「アフリカ開発会議」が転機となるか

アフリカ企業のM&A 2016年以降わずか4件「アフリカ開発会議」が転機となるか

2019/08/19

第7回アフリカ開発会議が2019年8月28日から30日まで横浜市のパシフィコ横浜で開催される。この3年半のアフリカ企業とのM&Aはわずか4件。第7回アフリカ開発会議でアフリカ企業への関心を高めることができるか。

M&A速報検索

クリア

アクセスランキング

【M&A速報】よく読まれている記事ベスト5