ロート製薬<4527>は、ブラジルにおける眼科手術用デバイスおよび目薬をメインに製造販売するOPHTHALMOS社(売上11億円)の普通株式の60%を取得し、子会社化した。

ロート製薬は、2013年にロート・ド・ブラジル社を設立し、ブラジルでの市場調査を行ってきた。ブラジルでの白内障手術は日本の6割程度の実施数であること、OTC目薬市場が日本の4割程度ではあるものの、生活レベルの改善から市場が成長していること、高齢化に伴いアイケアの潜在需要が大きいと見込み、今回の買収に至った。

株式取得日は平成28年10月21日。

取得価額は非公表。