吉野家ホールディングスの記事一覧

苦境続く牛丼の「吉野家」京樽を手放した効果は?

苦境続く牛丼の「吉野家」京樽を手放した効果は?

牛丼の吉野家の苦境が続いている。吉野家を傘下に持つ吉野家ホールディングスの2022年2月期第1四半期決算は本業の儲けを示す営業損益が2億円強の赤字となった。

記事を読む
「京樽」「スシロー」のダブルブランドで勝負

「京樽」「スシロー」のダブルブランドで勝負

FOOD & LIFE COMPANIESは、2021年4月に買収した京樽と、傘下のスシローとのダブルブランド店舗を、2021年7月7日に4 店舗同時オープンする。

記事を読む
「すき家」「松屋」に後れをとる「吉野家」 反転の戦略は?

「すき家」「松屋」に後れをとる「吉野家」 反転の戦略は?

牛丼チェーン大手3社の売上高に明暗が表れてきた。3社が発表した4月の全店売上高は「すき家」が前年同月比116.1%、「松屋」が同109.5%となったものの「吉野家」は同91.6%と振るわなかった。

記事を読む
「スシロー」のコロナ越えが鮮明に 過去最大の創業祭を計画

「スシロー」のコロナ越えが鮮明に 過去最大の創業祭を計画

スシローを展開するFOOD & LIFE COMPANIESの「コロナ越え」が鮮明になってきた。2021年9月期第2四半期決算が、上半期業績としては売り上げ、利益ともに過去最高を更新したのだ。

記事を読む
強い「ギョーザ」と「牛丼」大阪王将と吉野家がV字回復へ

強い「ギョーザ」と「牛丼」大阪王将と吉野家がV字回復へ

コロナ禍で赤字転落した、ギョーザチェーン店「大阪王将」を展開するイートアンドホールディングスと、牛丼チェーン店「吉野家」を展開する吉野家ホールディングスが、V字回復する見通しとなった。

記事を読む
「吉野家」コロナ禍で縮小均衡に 「すき家」との売上格差は拡大

「吉野家」コロナ禍で縮小均衡に 「すき家」との売上格差は拡大

吉野家ホールディングスが2021年4月1日に、持ち帰りずしや回転寿司事業を手がける子会社の「京樽」を売却する。2000年から企業買収で業容を拡大してきた同社だが、コロナ禍で縮小均衡を余儀なくされた格好だ。

記事を読む
「1杯1万円」か「つけ麺アレンジ」か コラボ牛丼の実力は

「1杯1万円」か「つけ麺アレンジ」か コラボ牛丼の実力は

WAGYUMAFIAは吉野家と協業し、1杯1万円のコラボ牛丼「吉野家×WAGYUMAFIA プレミアム牛丼」を販売する。つけ麺専門店三田製麺所と、養老乃瀧(東京都豊島区)も連携し、養老牛丼をつけ麺にアレンジした「養老牛つけ麺」の販売に乗り出した。コラボによる新規性や話題性の提供はコロナ禍対策の切り札になるか。

記事を読む
牛丼の「すき家」エヴァンゲリオン効果で「吉野家」「松屋」をどこまで引き離せるか

牛丼の「すき家」エヴァンゲリオン効果で「吉野家」「松屋」をどこまで引き離せるか

牛丼チェーン店のすき家は、最新映画「シン・エヴァンゲリオン劇場版」が3月8日に劇場公開されるのに合わせて、2021年3月8日から4月20日までエヴァンゲリオンとのコラボキャンペーンを実施する。

記事を読む
スシローの京樽買収は本当にいい買い物だったのか?

スシローの京樽買収は本当にいい買い物だったのか?

スシローが吉野家から京樽を買収しました。京樽は百貨店などで持ち帰りずしを提供しているほか、都市型の小型回転寿司店「海鮮三崎港」を運営しています。2社の相乗効果は本当に高いといえるのでしょうか。

記事を読む
焼肉の「安楽亭」フォルクスのハンバーグ弁当をデリバリー

焼肉の「安楽亭」フォルクスのハンバーグ弁当をデリバリー

吉野家ホールディングス<9861>から「ステーキのどん」や「フォルクス」などを運営するアークミール(さいたま市)を買収した、焼肉の安楽亭<7562>が、安楽亭、アークミール両社の共同事業に乗り出した。

記事を読む
「吉野家」巻き返しの狼煙か フィリピンで合弁設立へ

「吉野家」巻き返しの狼煙か フィリピンで合弁設立へ

吉野家ホールディングスはフィリピン外食最大手のJollibee Foods Corporationと合弁会社を設立する。コロナ後を見据えた巻き返しの狼煙となるだろうか。

記事を読む
牛丼大手の「すき家」「吉野家」「松屋」に、明暗くっきり

牛丼大手の「すき家」「吉野家」「松屋」に、明暗くっきり

ゼンショーホールディングス、吉野家ホールディングス、松屋フーズホールディングスの牛丼チェーン店大手3社の2021年の第3四半期決算が出そろい、第4四半期の業績に明暗がくっきりと現れることが分かった。

記事を読む
「吉野家」「イオン」に回復の兆し 業績上方修正企業が続々

「吉野家」「イオン」に回復の兆し 業績上方修正企業が続々

コロナ禍の中、牛丼チェーンの吉野家ホールディングスと、小売業最大手のイオンに業績回復の兆しが現れてきた。緊急事態宣言の対象エリアが広がる中、吉野家とイオンの状況はどうなるのか。

記事を読む
牛丼大手の「ゼンショー」が「吉野家」「松屋」を上回る回復力を発揮 その理由とは?

牛丼大手の「ゼンショー」が「吉野家」「松屋」を上回る回復力を発揮 その理由とは?

ゼンショーホールディングス、吉野家ホールディングス、松屋フーズホールディングスの牛丼大手3社の収益力に差が現れてきた。黒字を確保するゼンショーと、赤字転落が避けられない吉野家、松屋との差はどこにあるのだろうか。

記事を読む
「吉野家」と「KDDI」コロナ禍真っ只中の飲食店を救う術とは

「吉野家」と「KDDI」コロナ禍真っ只中の飲食店を救う術とは

牛丼やうどんなどをチェーン展開する吉野家ホールディングスと、通信大手のKDDIが、コロナ禍で苦境に陥っている飲食店の支援に乗り出した。両社の取り組みには大きな違いがある。どのような内容なのか。

記事を読む
赤字転落の「牛丼」大手3社 回復には明暗が

赤字転落の「牛丼」大手3社 回復には明暗が

ゼンショーホールディングス、吉野家ホールディングス、松屋フーズホールディングスの牛丼大手3社の第1 四半期決算が出そろい、3社ともに営業損益、経常損益、当期損益がいずれも赤字に陥った。

記事を読む
2年後に復活を期す「吉野家」そのシナリオとは

2年後に復活を期す「吉野家」そのシナリオとは

2021年2月期に2年ぶりに最終赤字に転落する見込みの吉野家ホールディングスが、2年後の2023年2月期に復活の見通しを掲げている。 強気見通しの裏付けとなっている戦略はどのようなものなのか。

記事を読む
緊急事態宣言後の飲食チェーン、勝者が実施している秘策は?

緊急事態宣言後の飲食チェーン、勝者が実施している秘策は?

緊急事態宣言が解除され、県をまたいでの移動も緩和されました。一部観光地やショッピング街に人が戻り始め、リベンジ消費が始まろうとしています。2月から冷え込み始めた飲食店に、遅い春がやってきました。売上の戻りが早い業態にはどんな特徴が?

記事を読む
追い詰められた安楽亭 傘下に入った「ステーキのどん」「フォルクス」の動きは

追い詰められた安楽亭 傘下に入った「ステーキのどん」「フォルクス」の動きは

2020年2月29日に安楽亭の傘下に入ったアークミールが運営する「ステーキのどん」と「フォルクス」が攻勢をかけている。予想外のコロナ禍の中、狙い通りの買収効果を上げることができるだろうか。

記事を読む
業績立て直し中の「吉野家」客数増え営業利益34倍に 

業績立て直し中の「吉野家」客数増え営業利益34倍に 

吉野家ホールディングスが好調だ。牛丼事業の「吉野家」の2019年12月の既存店の来店客数が前年同期比110.8%となり、8月の同110.3%を上回り、今期(2019年3月-2020年2月)で最も高い伸びとなった。

記事を読む
なぜ安楽亭は債務超過の「ステーキのどん」を買収したのか?

なぜ安楽亭は債務超過の「ステーキのどん」を買収したのか?

焼肉店展開の安楽亭が、「ステーキのどん」や「フォルクス」を運営するアークミールを買収すると発表しました。全国で158店舗展開するアークミールは2019年2月期の純利益が21億1600万円で債務超過状態です。なぜ買収へと踏み切るのでしょうか?

記事を読む
吉野家が「フォルクス」や「しゃぶしゃぶどん亭」を安楽亭に売却 

吉野家が「フォルクス」や「しゃぶしゃぶどん亭」を安楽亭に売却 

吉野家ホールディングスがステーキレストラン「フォルクス」や、しゃぶしゃぶレストラン「しゃぶしゃぶどん亭」などを手がける子会社のアークミールを焼肉レストランなどを展開する安楽亭に売却する。

記事を読む
牛丼がスローながら着実に成長「すき家」と「吉野家」の既存店

牛丼がスローながら着実に成長「すき家」と「吉野家」の既存店

すき家と吉野家が順調に業績を伸ばしている。上期の既存店の売上高は、すき家が前年同期比2.9%増、吉野家が同6.9%増となり、消費税率が引き上げられた10月以降の2カ月間も平均ですき家が同1.9%増、吉野家が同7.8%増となった。

記事を読む
【吉野家HD】寿司、ステーキ…買収後の業績は「はなまる」には遠く

【吉野家HD】寿司、ステーキ…買収後の業績は「はなまる」には遠く

吉野家ホールディングスがM&Aを通じて事業の多角化に取り組んでいる。かつては牛丼の一本勝負だったが、2004年に発生したBSE問題を機にうどんやステーキなど提供する食材を多様化している。しかし収益への貢献は道半ばだ。

記事を読む