飲食事業、アミューズメント事業、海外ウェディング事業を展開するダイヤモンドダイニング(東京都)は、飲食店等の経営、開発及びコンサルティングを行うゼットン(愛知県、売上高101億円、営業利益△9千万円、純資産8億円)を持分法適用関連会社化するため、同社の株式を公開買付けにより取得すること及び、資本業務提携契約を締結することを決議した。

ダイヤモンドダイニングは、両社間で強固なパートナー関係を構築できることにより、双方が保有するビジネスノウハウ及びノウハウを有する人材を効率的に共有でき、仕入面におけるスケールメリットが享受可能であり、両社が保有するバックオフィス機能を整理して、効率的に共有できるという観点から両社の企業価値の最大化に資するとしている。

公開買付の買付価格は1株あたり790円、前日終値に対して7.39%のディスカウント。買付予定数は1,809,400株、将来的に連結子会社化することも検討しているため、下限は1,723,200株(所有割合40.00%)、公開買付け後も上場を維持することから上限は1,809,400株(所有割合42.00%)としている。買付価額は14億円。

買付期間は平成28年7月19日から8月25日。

ゼットンは、資本業務提携関係を構築することは、対象者の企業価値の向上に資するものと判断し、本公開買付けについて賛同の意見を表明している。また、本公開買付けに先立ち、筆頭株主である稲本健一氏を含む応募合意株主との間で、応募契約を締結、所有割合40.24%を応募する旨の合意をしている。