DDホールディングスはジャスダック上場の持ち分法適用関連会社で飲食サービス事業を手がけるエスエルディー(東京都渋谷区。売上高50億7000万円、営業利益△1億4400万円、純資産2億円)の株式を追加取得(現在の持ち株比率は41.45%)し、子会社化することを決議した。

DDホールディングスは2017年12月に出資し、エスエルディーを持ち分法適用関連会社とした。エスエルディーは2018年3月期まで主力事業の飲食サービスの不振で2期連続の最終赤字を計上。両社で経営改善を進めた結果、飲食サービスの立て直しに一定のめどがついてきたのを受け、業績改善の促進と新たな成長戦略の実現に向けて子会社化することにした。

株式の追加取得の有無などは非公表。子会社化の効力発効日は2019年3月1日。