M&A速報

DDホールディングス<3073>、エスエルディー<3223>をTOBにより持ち分法適用関連会社化

2017/11/14

DDホールディングスは、エスエルディーを持ち分法適用関連会社化すると発表した。TOB(株式公開買い付け)を実施し、株式46.51%の取得を目指す。エスエルディー代表取締役会長の青野玄氏などが所有する計44.06%についてTOBに応募する。

エスエルディーは2004年1月設立で、喫茶だけでなく食事やアルコールを提供するカフェダイニング「kawara CAFE&DINING」などを展開している。DDホールディングスは、こうした昼夜問わずに営業が可能な業態を取り込むことで、多様化する消費者の嗜好への対応が可能になると判断した。

買付価格は1株あたり1130円で、公表前営業日の終値1306円に対して13.48%のディスカウント。買付予定数は60万8000株(所有割合46.51%)で、買付価額は6億8700万円。期間は11月15日から12月13日まで。決済の開始日は12月20日。

関連の記事

関連のM&Aデータベース

No. 開示日 買い手 対象企業・事業 売り手 業種 ▽ スキーム ▽ 取引総額(百万円) ▽ タイトル
1
2015年7月9日
Diamond Dining Macau Limited
Diamond Dining Macau Limited
146
2
2014年12月9日
ハワイのウェディング事業に関する権利及び関連資産
KNG Corporation
非公表
3
2014年4月11日
KOMARS F&B PTE.LTD.
松田幸樹氏(KOMARS F&B PTE.LTD.代表者)
207
4
2010年8月10日
(株)吉田卯三郎商店
中村善政氏((株)吉田卯三郎商店代表取締役)
10
5
2011年3月9日
(株)バグース
(株)バグース代表取締役、他個人株主4名
1,190
6
2014年9月12日
九州料理業態の飲食店計8店舗
萩原商事(株)、(有)サンクス
非公表

M&A速報検索

クリア

アクセスランキング

【M&A速報】よく読まれている記事ベスト5