M&A速報

ホットランド<3196>、飲食店舗設計・デザインのファンインターナショナルを子会社化

2020/07/30

ホットランドは、飲食店舗の設計・デザインや業態プロデュースを手がけるファンインターナショナル(大阪市。売上高15億7000万円、営業利益7600万円、純資産2億5200万円)の株式66.6%を取得し子会社化することを決めた。店舗設計や内装工事をグループ内で内製化し、たこ焼き「築地銀だこ」などの出店に関する意思決定の迅速化や出店コスト低減につなげる。

取得価額は非公表。取得予定日は2020年8月7日。

M&Aデータベース

関連の記事

もつ焼きに吸盤を伸ばした「銀だこ」その勝算は?

もつ焼きに吸盤を伸ばした「銀だこ」その勝算は?

2021/10/13

ホットランドは2021年12月に、エムファクトリーと、い志井の両社から「もつやき・ホルモン・焼肉」事業を買収する。買収によって成長軌道に乗ることはできるのだろうか。

たこ焼きの「築地銀だこ」がファッションブランドとコラボ

たこ焼きの「築地銀だこ」がファッションブランドとコラボ

2021/08/06

たこ焼き店「築地銀だこ」を展開するホットランドは2021年8月6日に、カジュアル衣料のアダストリアが展開するファッションブランドRAGEBLUE(レイジブルー)とのコラボ商品を発売する。

「築地銀だこ」のホットランド、最終赤字転落も本業の儲けはしっかり 

「築地銀だこ」のホットランド、最終赤字転落も本業の儲けはしっかり 

2021/02/10

たこ焼き「築地銀だこ」を主力とするホットランドが最終赤字に転落することになった。ただ本業の儲けを示す営業損益は黒字を確保する見通しで、大打撃を受けている居酒屋などの業態と比べると健闘している。

【2018年 M&A】外食企業が活路を見出す企業買収戦略とは

【2018年 M&A】外食企業が活路を見出す企業買収戦略とは

2018/12/28

2018年10月の国内外食業界全体の売上高は、前年比101.7%。26ヶ月連続で前年を上回っています。背景にあるのは、海外観光客の旺盛な外食需要。外食企業各社は、海外での知名度獲得にも寄与する、海外企業の買収に力を入れているようです。

お好み焼きを食うタコって…  ホットランドがアイテムを買収

お好み焼きを食うタコって… ホットランドがアイテムを買収

2018/11/22

たこ焼き店「築地銀だこ」を展開するホットランドが、お好み焼店「ごっつい」を運営するアイテムを完全子会社化した。それぞれの店舗で互いの商品をメニューに追加したり、表面はパリッと、中はトロっとしたお好み焼きなどが誕生する可能性はないのか。

【ホットランド】多角化と海外展開をM&Aで加速

【ホットランド】多角化と海外展開をM&Aで加速

2017/12/12

なぜ「たこ焼き」や「たい焼き」で上場を達成できたのか?「築地銀だこ」などを展開する外食チェーンのホットランドのM&A戦略は…。

M&A速報検索

クリア

アクセスランキング

【M&A速報】よく読まれている記事ベスト5