1業態1店舗を原則として繁華街でレストラン運営を行っているダイヤモンドダイニングは、酒類販売業を営む吉田卯三郎商店の議決権の100%を取得し子会社化する。

ダイヤモンドダイニングは、自社グループで業態を開発し、都心部及び首都圏を中心に153店舗118業種を直営で展開しているが、新業態の開発及び今後の事業展開等において、吉田卯三郎商店が保有する酒類販売業免許が有用であると判断し子会社化する。

取得する議決権の数は、63,660個。取得価額は10百万円。