ご注意ください
この記事は公開から1年以上経っています。掲載されている情報は、公開当時のものです。

【ユニー・ファミリーマートホールディングス】コンビニ2位浮上、収益力に課題も

alt
都内のファミリーマートの店舗

 ファミリーマートとユニーグループ・ホールディングスが合併し、2016年9月にユニー・ファミリーマートホールディングス<8028>が発足した。コンビニ店舗数でローソンを上回る業界2位に浮上した。しかし、ユニー傘下のサークルK・サンクスのオーナーからはファミリーマートへのブランド統合に不安の声も聞かれる。平均日販ではライバルのセブンイレブンやローソンに大きく下回り、店舗の収益力強化も急務だ。これまでのM&Aを振り返りつつ、今後の課題を展望する。

【企業概要】2016年の経営統合でコンビニ業界2位に

 ユニー・ファミリーマートホールディングス(以下、ファミリーマート)は、1972年に西友ストアー企画室に小型店担当を設置したことから始まった。1年後に実験第1号店を埼玉県狭山市に開店。ファミリーマートという名前は、「お客様とフランチャイズ加盟店、本部とが家族的なお付き合いをしながらともに発展していきたい」という考えから名付けられた。1978年には西友ストアー・ファミリマート事業部を発足し、同年よりフランチャイズの展開を開始した。店舗数を順調に伸ばし、1981年に西友ストアーから営業と資産の譲渡を受け、商号をファミリーマートに変更した。会社発足当時の店舗数は、89店舗(直営2店舗、加盟店87店舗)。こうして現在のファミリーマートが生まれた。

 ファミリーマートは2016年のユニーグループ・ホールディングス(以下、ユニーGHD)との合併により、業界2位のローソンを抜き、業界3位から2位となった。2016年時点で店舗数は国内で18,211店舗、海外で6,201店舗、合計で24,412店舗を展開。セブンイレブンに続く業界2位の店舗数を誇る。商品の特徴としては2012年よりPB(プライベートブランド)のFamilyMart collectionを展開している。シニアライフクリエイトの株式取得によって、高齢者向け弁当配送網を活用した生活必需品の宅配サービスも開始。PB、高齢者向けのサービス等主な特徴としている。

【経営陣】上田社長、2月末で退任

 2016年9月に発足したユニー・ファミリーマートホールディングスの社長にはファミリーマート会長の上田順二氏が就任した。しかし今年2月3日、上田社長が2月28日付で社長を退任する人事が発表された。伊藤忠商事副社長でユニー取締役の髙柳浩二氏が3月1日付で社長に就く。

【大株主】伊藤忠商事、4割強を保有

株主名称 保有株式数(千株) 持株比率(%)
伊藤忠商事 41,411 42.39
日本マスタートラスト信託銀行 8,883 9.09
日本トラスティ・サービス信託銀行 5,489 5.61
NTTドコモ 2,930 3
資産管理サービス信託銀行 2,844 2.91
日本生命保険相互会社 1,571 1.6
良品計画 1,000 1.02
日本トラスティ・サービス信託銀行 917 0.93
野村證券 733 0.75
エスアイエツクスエスアイエススイスナシヨナルバンク 724 0.74
66,502 68.04
2016年8月末時点、有価証券報告書を元に作成

 42%を保有する伊藤忠商事は、1998年に西友に代わって筆頭株主となった。伊藤忠商事は2016年2月末時点でファミリーマートの発行済み株式の約38%を保有していたほか、ユニー・グループホールディングス株についても3%取得していた。ユニーとの経営統合が決まってから、伊藤忠商事はファミリーマート株の買い増しを行った。

NEXT STORY

どうにも不可解な「さが美」のTOB

どうにも不可解な「さが美」のTOB

2016/10/24

ユニーグループが保有するきものの「さが美」の全株式を投資ファンドのアスパラントグループに売却すると発表。同じく投資ファンドのニューホライズンキャピタルからも買収提案を受けたことから買収合戦になるかと思われたが・・・

関連のM&Aニュース