menu
Social media

M&Aアーカイブス

M&Aアーカイブス

【総合メディカル】調剤薬局、M&Aで急成長 在宅医療も強化

Cover 83ba6535 59e8 4bd6 836e f1d766f3f21a
画像はイメージです

 総合メディカル<4775>はコンサルティングを中心に医療機関の経営を総合的にサポートしている。医師の紹介や医業継承、医療連携を通じて地域医療の活性化を支援するほか、全国に670店舗以上の調剤薬局を展開している。M&Aによって調剤薬局の店舗数を急激に成長させており、業界大手のなかでも高い成長率を誇る。総合メディカルのM&A戦略を診断する。

【企業概要】医師の開業支援、調剤薬局も展開

 総合メディカルは、1978年に前身である総合メディカル・リースが創立。福岡県福岡市に本社を置く。不動産仲介業、医業承継事業を開始。1988年に調剤薬局のそうごう薬局1号店を設立。その後、調剤薬局数は500店舗を超える全国規模で展開。上場調剤大手として、アインホールディングス、日本調剤、クオール、総合メディカルと並ぶ。薬局事業の2016年3月期の売上高は前期比約20%増と大手4社の中で成長率が高い。

 現在は、医業支援、薬局事業、その他の事業(医療施設の企画・設計・施工、医療・健康情報サービス、住宅型有料老人ホームの運営、介護付有料老人ホームの運営)がある。

 2006年3月期では、医師の開業支援は304件、転職・開業を支援される勤務医DtoD(Doctor to Doctor)登録数は、当期末で62,429名(前期末比5,924名増)となった。薬局部門では、47店舗出店し、うち25店舗はM&Aによるものであり、残り22店舗のうち12店舗は開業支援先への新規出店である。総じて、2016年3月期末では576店舗となった。地域別の内訳は、東日本17店舗、西日本24店舗、九州6店舗である。

【経営陣】坂本社長、昨年4月に就任

 坂本賢治社長は創業5年目の1983年に総合メディカル入社。東日本支社長や管理部門統括などを経て2016年4月に社長に就任した。58歳。

【株主構成】三井物産が筆頭株主

総合メディカルの主要株主
株主名 持株数  (千株) 持ち株比率(%)
三井物産 3,819 25.5
GOLDMAN SACHS INTERNATIONAL 944 6.3
東京センチュリーリース 722 4.8
福岡銀行 615 4.1
日本トラスティ・サービス信託銀行(信託口) 454 3
小山田 浩定 453 3
北九州銀行 404 2.7
THE CHASE MANHATTAN BANK, N.A. LONDON SPECIAL OMNIBUS SECS LENDING ACCOUNT 300 2
総合メディカル従業員持株会 231 1.6
CBNY-GOVERNMENT OF NORWAY 215 1.4
8,157 54
2016年9月末時点、同社ホームページより作成

 主な株主構成としては、2007年から業務提携している三井物産が25.5%、ゴールドマンサックスが6.3%、東京センチュリーリースが4.8%である。3%を保有する小山田浩定氏は総合メディカルの創立時から専務取締役を務め、1990年から社長、2004年から2012年まで会長を務めた人物である。

アーカイブス

関連のM&Aニュース

NEXT STORY

【M&Aと税務】平成29年度税制改正の大綱

【M&Aと税務】平成29年度税制改正の大綱

平成29 年度税制改正の大綱(「大綱」)が閣議決定されました。​企業法務に与える影響が特に大きい役員賞与、組織再編税制、タックスヘイブン対策税制についてご紹介します。


注目の記事

Thumb e1b02e19 e880 4647 9b2e 9735a2922dd8

【リコー】「再成長」へM&A投資 2000億円

リコーが2018~19年度にM&Aに2000億円超を投資する方針を打ち出した。同社にとって大命題は「再成長」の一語に集約される。業績は10年近く一進一退が続き、伸びを欠いたままだ。リコー復権ののろしは上がるのか?

Thumb 5535fbd2 d91a 4fbd a0be 6bc68475be6d
Thumb 88ffbc7d d8c1 4c46 a94a d5f6737c0e91
Thumb 86c7d0cc ec0a 493b bd1c abd4c0f6d333