ファミリーマートの記事一覧

伊藤忠商事、2023年に大チャンスの到来か|ビジネスパーソンのための占星術

伊藤忠商事、2023年に大チャンスの到来か|ビジネスパーソンのための占星術

伊藤忠商事が新型コロナ禍の逆風下ながら、総合商社トップの地歩を固めつつある。三菱商事などライバル勢を押さえ、時価総額、株価、純利益で「三冠」奪取が確実な情勢。伊藤忠の勢いはまだまだ続くのか、占星術から探る。

記事を読む
2021年の希望退職者募集、早くも10社を突破|JTが1000人規模、コンビニのポプラも

2021年の希望退職者募集、早くも10社を突破|JTが1000人規模、コンビニのポプラも

上場企業による希望退職者の募集が今年に入り、早くも10社を突破した。9日だけでJT、日本金銭機械、ポプラ、ライトオンの4社が計画を発表し、年明けから13社に上る。前年は2月末までの2カ月で11件だったが、これを上回るハイペースだ。

記事を読む
【2020年第3四半期】日本企業M&A公表案件ランキング

【2020年第3四半期】日本企業M&A公表案件ランキング

2020年第3四半期の日本関連M&A公表案件は21.4兆円と前年同期から56%増加し1980年の集計開始以来歴代2位の規模となった。全体の案件数は3196件と過去最多となった。

記事を読む
【パン・パシフィックHD 】「虎穴に入り虎子を得た」抜群のM&Aセンス

【パン・パシフィックHD 】「虎穴に入り虎子を得た」抜群のM&Aセンス

「ドン・キホーテ」を展開する国内ディスカウントストア業界の最大手であり、市場シェアの約半分を占めるパン・パシフィック・インターナショナルHD 。もはや同業種で同社を脅かす者は存在しないと言っていいだろう。その原動力となったのが「M&A」だ。

記事を読む
TOB関連株に動き「孫正義」氏は担保の変更届を提出 9月の大量保有報告書

TOB関連株に動き「孫正義」氏は担保の変更届を提出 9月の大量保有報告書

M&A Online編集部が大量保有データベースで2020年9月の大量保有報告書の提出状況を調べたところ、ファミリーマート、大戸屋ホールディングス、島忠などのTOB(株式公開買付け)関連銘柄に動きが見られた。

記事を読む
新型コロナ対策向け募金に広がり、BリーグとTリーグが参画

新型コロナ対策向け募金に広がり、BリーグとTリーグが参画

新型コロナウイルス感染拡大に伴って、募金活動が目を引くようになってきた。新型コロナウイルスとの闘いが長期戦になる可能性が高まりつつあるため、医療機関や子育てを金銭面で支援しようというのが活動の目的だ。

記事を読む
【希望退職者】味の素・ノーリツ・LIXIL…「募集」増加の一途

【希望退職者】味の素・ノーリツ・LIXIL…「募集」増加の一途

希望(早期)退職者の募集に踏み切る上場企業が増加の一途をたどっている。11月だけで5社が計画を発表し、その顔ぶれも味の素、LIXILグループ、ファミリーマート、ノーリツ、オンキヨーと有名どころが並ぶ。今年に入ってからだとすでに27社に上る。

記事を読む
コンビニ戦争「スマホ決済」覇権握るのはどこか

コンビニ戦争「スマホ決済」覇権握るのはどこか

スマートホン決済サービスが広がる中、コンビニエンスストアでも陣取り合戦が激化してきた。店舗ではコミュニケーションアプリ企業、通販企業、携帯電話会社、コンビニエンスストア自体が入り乱れての戦いとなる。

記事を読む
「 焼き鳥とファミチキの両方を買ったワケ」キャンパス発 M&A定期便(2)

「 焼き鳥とファミチキの両方を買ったワケ」キャンパス発 M&A定期便(2)

ファミリーマートでサークルKの焼き鳥が売られている。しかも以前よりおいしくなっている。これがファミリーマートとサークルKが経営統合し、ユニー・ファミリーマートホールディングスが誕生したM&A のシナジー効果だ。

記事を読む
【ユニー・ファミリーマートホールディングス】コンビニ2位浮上、収益力に課題も

【ユニー・ファミリーマートホールディングス】コンビニ2位浮上、収益力に課題も

ファミリーマートとユニーグループ・ホールディングスが合併し、2016年9月に発足したユニー・ファミリーマートホールディングス。コンビニ店舗数でローソンを上回る業界2位に浮上した。しかしブランド統合に不安の声も聞かれるなど課題も多い。

記事を読む
コンビニ 統合の歴史を整理してみました

コンビニ 統合の歴史を整理してみました

ファミリーマートとサークルKサンクスの経営統合により、コンビニ業界の大きな再編の動きは、ひとまず落ち着いたようです。本日は、コンビニの合従連衡の歴史についてまとめた記事をご紹介します。

記事を読む