ファンドの記事一覧

重点3本柱 M&Aを促す新ファンド組成へ 内閣官房WG

重点3本柱 M&Aを促す新ファンド組成へ 内閣官房WG

内閣官房は6月23日、「中堅企業等の成長促進に関するワーキンググループ」の第2回会合を開いた。2022年度予算案の概算要求もにらみ、「事業再生・M&Aを含む事業承継の促進」など重点3本柱の取組方針のフォローアップと今後の取組方針などを示した。

記事を読む
東芝、「物言う株主」対策で自社株買いと特別配当に走るも不発か

東芝、「物言う株主」対策で自社株買いと特別配当に走るも不発か

東芝が自社株買いと増配を乗り出した。同社は発行済み株式総数の約6%に当たる2700万株を上限に自己株を取得すると発表。併せて110円の特別配当を追加して、2022年3月期の配当総額は190円と2倍以上に引き上げる。その「真の狙い」は何か?

記事を読む
図解でわかるM&A入門|編集部おすすめの1冊

図解でわかるM&A入門|編集部おすすめの1冊

この一冊でM&Aの基礎はすべてわかると言ってもよい入門者向けの良本だ。M&Aについてほとんど知らない人でも明快な文章と簡易な図解で、M&Aの歴史や手法、成功と失敗、日本政府のM&A政策、これからのM&Aトレンドを俯瞰的に把握できる一冊だ。

記事を読む
都が事業承継M&Aファンドを立ち上げ 運営事業者の募集始まる

都が事業承継M&Aファンドを立ち上げ 運営事業者の募集始まる

東京都は2020年12月をめどに、中小企業の事業承継を担う複数の民間ファンドに出資するファンド・オブ・ファンズを設立する。運営事業者の公募期間は6月25日まで。選考は1次審査(書面)後、2次審査(プレゼン)を経て決定する。

記事を読む
中小企業の資本注入に1兆2442億円、第2次補正予算案が閣議決定

中小企業の資本注入に1兆2442億円、第2次補正予算案が閣議決定

政府は5月27日、2020年度第2次補正予算案を閣議決定した。業績が悪化している企業の資金繰り対策として計上した約12兆円のうち、中小企業の資本注入に1兆2442億円を投入する。ここではM&A関連を中心にその内容を紹介する。

記事を読む
「火中の栗」JDIを拾う、いちごのキャロン社長ってどんな人?【加筆修正あり】

「火中の栗」JDIを拾う、いちごのキャロン社長ってどんな人?【加筆修正あり】

ジャパンディスプレイが投資顧問会社のいちごアセットマネジメントから1008億円の出資を受けると発表した。一時は会社更生法の申請まで検討したというJDIの救済に乗り出す大胆な意思決定を下したいちごのスコット・キャロン社長とはどんな人物なのか?

記事を読む
今年も何かとM&Aで「お騒がせ」! 2019年のソフトバンク

今年も何かとM&Aで「お騒がせ」! 2019年のソフトバンク

2019年もソフトバンクグループと、その傘下企業によるM&Aが世間を騒がせた。振り返ればソフトバンクGによるM&Aの新たな方向性が見えてきた。「事業拡大のための買収」を子会社のZホールディングスへ切り出し、「投資ファンド化」へシフトが進む。

記事を読む
スシローを上場に導いた、英投資ファンド「ペルミラ」とは?

スシローを上場に導いた、英投資ファンド「ペルミラ」とは?

スシローを上場させたことで日本での知名度を増した英投資ファンド「ペルミラ・アドバイザーズ」。元三洋電機代表取締役副社長の古瀬洋一郎氏が会長に就任し、消費財、小売り、テクノロジー、産業材、金融サービス、ヘルスケアの分野で投資計画を立てています。

記事を読む
コメダ珈琲に出資した投資ファンド「MBKパートナーズ」とは?

コメダ珈琲に出資した投資ファンド「MBKパートナーズ」とは?

2013年2月にコメダ珈琲を買収し、知名度を高めたMBKパートナーズ。2019年6月には高級チョコレートのゴディバ・ジャパンを1000億円超で買収しています。韓国系投資ファンド・MBKパートナーズとは、どのような会社なのでしょうか?

記事を読む
ファンドから20億調達した「ひらまつ」、ホテル事業は泥船か?

ファンドから20億調達した「ひらまつ」、ホテル事業は泥船か?

レストランのひらまつが、投資ファンドアドバンテッジパートナーズから20億円を調達しました。調達した資金は、2021年秋に関西で開業予定のホテルに充当します。同社は2015年からホテル事業に本格進出しましたが、浮かび上がるのは苦心する姿です。

記事を読む
曙ブレーキ工業の新社長に就任する「宮地康弘」って、どんな人?

曙ブレーキ工業の新社長に就任する「宮地康弘」って、どんな人?

経営再建中の曙ブレーキ工業は信元久隆社長兼会長が退任し2019年9月27日に開く臨時株主総会で新社長に宮地康弘氏を迎え入れる。宮地氏は1957年5月17日生まれの62歳で、1981年に自動車機器に入社して以来、ブレーキ畑を歩んできた人材だ。

記事を読む
M&Aで外食は年商30億円を突破できる|編集部おすすめの1冊

M&Aで外食は年商30億円を突破できる|編集部おすすめの1冊

中小の外食企業にとって年商30億円が一つの壁とされており、これを早期に達成する最も有効な戦略がM&Aであるという考えのもとに、執筆されたのが本書。 同じ外食企業であってもM&A戦略は各社それぞれであることが分かる。

記事を読む
スマホに代わる何かが出てくる ビルの壁から情報収集も可能に MAOガールインタビュ-(13)

スマホに代わる何かが出てくる ビルの壁から情報収集も可能に MAOガールインタビュ-(13)

「ビルの壁を見るだけで自分のサイズのTシャツを置いている店が分かる」「スマホ以外の何かが出てくる​」「地下街でのナビが可能に​なる」。KDDI経営戦略本部ビジネスインキュベーション推進部の中馬和彦​部⾧は、​こんな未来予想を披露する。

記事を読む
ブロックチェーンのスタートアップ企業に投資 LINEがファンド設立

ブロックチェーンのスタートアップ企業に投資 LINEがファンド設立

​LINEは仮想通貨技術の一つであるブロックチェーン技術の開発を手がけているスタートアップ企業に投資をするファンドunblok ventures Limitedを設立した。

記事を読む
​巨大銀行も中小企業の「M&A」支援を強化 三菱UFJ銀行がファンドに出資

​巨大銀行も中小企業の「M&A」支援を強化 三菱UFJ銀行がファンドに出資

​三菱UFJ銀行が中小企業の事業承継問題の解決支援に乗り出した。「夢承継3号ファンド」に出資することで、中小企業の事業承継をはじめ、成長戦略などの経営課題の解決を支援する。

記事を読む
【スシローGHD】スイーツで好調な回転寿司の「甘くない現実」

【スシローGHD】スイーツで好調な回転寿司の「甘くない現実」

スシローグローバルホールディングスは回転寿司チェーン業界首位の「スシロー」を展開するあきんどスシローの親会社だ。そのスシローGHDだが、業界トップ企業でありながら何度も「身売り」を経験している。その原因は「オーナー経営者一族の内乱」だった。

記事を読む
「VTuber」とは何か? 気になる収入やビジネス面の将来性を徹底調査!

「VTuber」とは何か? 気になる収入やビジネス面の将来性を徹底調査!

起死回生を狙うグリーが、VTuber特化型ファンドを立ち上げました。投資総額は40億円でクリエイターやスタートアップ企業を支援するというもの。更に100%子会社を設立し、今後1~2年で100億円規模の投資を行うとしています。急速に市場を拡大するVTuberとは何なのでしょうか?

記事を読む
名門企業を震え上がらせる復活「村上ファンド」とは

名門企業を震え上がらせる復活「村上ファンド」とは

旧村上ファンド勢力が日本の証券市場を再び震撼させている。「もの言う株主」として企業に大胆な提案を突きつけて最大限の利益を引き出す彼らを、人は「株主権利の守護者」とも「ハゲタカ」とも呼ぶ。その評価はさておき、彼らの「ビジネス」は成功するのか?

記事を読む
【M&Aインサイト】コーポレート・ベンチャー・キャピタル(CVC)の最新事例

【M&Aインサイト】コーポレート・ベンチャー・キャピタル(CVC)の最新事例

従来のコーポレート・ベンチャー・キャピタル(CVC)といえば、通信やIT業界が活用しているイメージがあったが、ここ1、2年の間に新聞、不動産、鉄道など、かつてはベンチャー投資とは無縁だった業種の参入が相次いでいる。

記事を読む
ポラリス・キャピタルが100億円で買収したチーズタルト屋「BAKE」は順風満帆のようです

ポラリス・キャピタルが100億円で買収したチーズタルト屋「BAKE」は順風満帆のようです

プライベート・エクイティファンドの「ポラリス・キャピタル・グループ」は、洋菓子店を運営するBAKEを100億円強で買収しました。このニュースを「ファンドのよくあるIPO狙いの案件じゃん」と決めつけてはいけません。目を凝らしてよく見ると、ポラリスの本気度と、BAKEの有望さが見えてくるのでした、という話です。

記事を読む
投資ファンド・インテグラルの戦略 ホリイフードサービスへTOB

投資ファンド・インテグラルの戦略 ホリイフードサービスへTOB

外食大手TBIホールディングスが、北関東を中心に居酒屋などを展開するホリイフードサービスに対して、TOBを実施します。既存株主は慌てて持ち株を放出しているようですが、ホリイにとって好材料だと思う3つの理由をお話します。

記事を読む
英投資ファンド・ペルミラの誤算、スシローは回転しすぎてもはや賞味期限切れに

英投資ファンド・ペルミラの誤算、スシローは回転しすぎてもはや賞味期限切れに

M&A Online編集部です。今回から隔週でビールを飲む理由@麦とホップさんによる「フードビジネスとM&A」の連載が始まります。今回はスシローを中心に回転寿司ビジネスをテーマにお届けします。

記事を読む
「ビジネスの世界で戦うならファイナンスから始めなさい。」

「ビジネスの世界で戦うならファイナンスから始めなさい。」

今回は、ファイナンスの概念を理解するのにピッタリな「ビジネスの世界で戦うならファイナンスから始めなさい。」を取り上げる。ファイナンスに苦手意識がある人にこそ、おすすめだ。

記事を読む
クリスピー・クリーム・ドーナッツの身売り先はコーヒーの会社を多数保有する投資ファンドJABでした

クリスピー・クリーム・ドーナッツの身売り先はコーヒーの会社を多数保有する投資ファンドJABでした

日本でも行列ができたことでお馴染みのクリスピー・クリーム・ドーナツ。米国本社の身売りが決定しました。買収額は1500億円だそうです。今回の買収劇は経営再建で会社の資産価値を上げるというよりは、コーヒー店との相乗効果を狙っているようですね。

記事を読む
【500 Startups Japanトップインタビュー】<3>500 Startupsが描くM&A促進のビジョンとは?

【500 Startups Japanトップインタビュー】<3>500 Startupsが描くM&A促進のビジョンとは?

昨年9月に始動した500 Startups Japan。活動ビジョンの1つとして「M&Aの促進によってエグジットの選択肢を増やすこと」を挙げる。その理由と、同社が目指す役割とはどのようなものか。500 Startups Japanトップインタビュー最終回。

記事を読む