ご注意ください
この記事は公開から1年以上経っています。掲載されている情報は、公開当時のものです。

要注意!楽天モバイル「使い放題ブラン」はiPhoneで使えない

alt

高シェアのiPhoneだけに「非対応」を明示すべき

国内スマートフォン(スマホ)総台数の半分を占めるiPhoneに対応していないのは、通信サービスとしては痛い。アンドロイドスマホよりもiPhoneの方が1台あたりの動画や音楽などデータ通信量が多いことはよく知られており、トラフィック(一定時間内のデータ通信量)を抑えるためにiPhoneを対象外にした可能性が高そうだ。

自社回線の整備に苦労している楽天モバイルだけに、こうした苦肉の策を取らなくてはならない事情は分かる。しかし、ユーザーが多いiPhoneに対応しないのであれば、もっと明確に告知すべきだろう。申し込みに当たっては「楽天回線対応製品が必要となります」で「了承した」を選択しなくてはならないが、少なくともここに「iPhoneには対応していません」の一言は付け加えるべきだ。

申込者の了承を求める「楽天回線対応製品が必要となります」に、iPhone非対応は触れられていない(同社申し込みページより)

楽天モバイルも「『了承した』を選択したのだから、iPhoneで使えなくても責任は選んだユーザーにある」とまでは考えていないだろうが、消費者にそうした疑念や誤解を与えかねない。そうでなくてもiPhoneにSIMを挿入して使えないことが分かったユーザーから苦情や解約手続が殺到すれば、楽天モバイルも余計な仕事が増える。早い段階で「iPhoneには非対応」を明示すべきだろう。

文:M&A Online編集部

M&A Online編集部

M&Aをもっと身近に。

これが、M&A(企業の合併・買収)とM&Aにまつわる身近な情報をM&Aの専門家だけでなく、広く一般の方々にも提供するメディア、M&A Onlineのメッセージです。私たちに大切なことは、M&Aに対する正しい知識と判断基準を持つことだと考えています。M&A Onlineは、広くM&Aの情報を収集・発信しながら、日本の産業がM&Aによって力強さを増していく姿を、読者の皆様と一緒にしっかりと見届けていきたいと考えています。


NEXT STORY

iPhoneSE2発売目前!今「買って良い機種・ダメな機種」

iPhoneSE2発売目前!今「買って良い機種・ダメな機種」

2020/02/29

いよいよアップル「iPhone」の新型廉価版「SE2」の発売がカウントダウンに入った。新型コロナウイルス感染拡大の影響でフル生産が難しく、品薄は不可避の状況にある。もしも「SE2」が手に入らない場合、どの現行機種が「代替機」となりうるのか。

関連のM&A速報