M&A速報

芙蓉総合リース<8424>、アクリーティブ<8423>の公開買付け開始へ

2016/12/14

リース業を展開する芙蓉総合リースは、売掛債権の買取業務・経理事務等を展開するアクリーティブの普通株式の公開買付けを開始する。

本公開買付後も、顧客に利便性の高いファイナンス・プラットフォームを提供するなどサービスメニューへの拡充や、ソリューション提案力の強化、FinTech分野への取り組み強化を図る。

買付価格は1株あたり520円で、前営業日の終値に対して27.14%のプレミアム。買付予定数の上限及び下限を21,859,000株(所有割合:51%)と設定している。

買付予定総額は113億円。

買付予定期間は平成28年12月15日(木)から平成29年1月19日(木)。

本公開買付後も、アクリーティブの株式は引き続き東京証券取引所市場第一部における上場は維持される。

関連の記事

【東京センチュリー】米ACGを3200億円で買収、M&Aをテコに航空機ビジネス拡大へ

【東京センチュリー】米ACGを3200億円で買収、M&Aをテコに航空機ビジネス拡大へ

2019/10/10

東京センチュリーは米航空機リース大手、アビエーション・キャピタル・グループ(ACG)を買収する。約3200億円を投じて株式75.5%を追加取得し、完全子会社化する。同社として過去最大のM&Aだ。航空機ビジネスにアクセルを踏み込む理由とは。

IT・ソフトウエア業界はM&Aがお好き

IT・ソフトウエア業界はM&Aがお好き

2019/01/25

2018年の業種別M&Aで、件数が最も多かったのはIT・ソフトウエア業界の125件だった。2位がその他サービス業界の120件、3位が電気機器業界の38件と続いた。

2018年第3四半期の全TOB|やや活性化したTOB市場

2018年第3四半期の全TOB|やや活性化したTOB市場

2018/11/13

2018年第3四半期の全TOB(12件)のTOBプレミアムの平均は33.39%、ディスカウントTOBを除く10件の平均は41.25%となりました。特殊要因として100%超えの取引が2件発生したことで全体の平均がかさ上げされたと考えられます。

グラフでみる TOBプレミアム分析(2018年第3四半期)

グラフでみる TOBプレミアム分析(2018年第3四半期)

2018/10/16

2018年3Qの50%を超えるプレミアムTOBは、三菱地所によるアーバンライフへのTOB(139.35%)、芙蓉総合リースのアクリーティブへのTOB(56.60%※公開買付中)の2件。TOB件数は12件と前年より3件増加した。

M&A速報検索

クリア