ご注意ください
この記事は公開から1年以上経っています。掲載されている情報は、公開当時のものです。

【フルサト工業】M&Aで誕生するかグループの新中核企業

alt
フルサト工業の東京本社(東京都大田区)

フルサト工業<8087>が2020年1月6日に、ほぼ3年ぶりにM&Aに踏み切った。2000年に子会社化した機械工具類商社のジーネット(大阪市)が、減速機などのメーカ-である日本電産シンポ(京都府長岡京市)から、一部の無段変速機と減速機の国内販売事業を譲り受けるというもので、ジーネットの伝動機器販売事業の拡大が狙いという。 

フルサト工業はジーネットのほか、2007年に子会社化した岐阜商事(岐阜市)を合わせた3社をグループの中核企業と位置付け、2020年3月期を最終年とする中期経営計画に取り組んできた。 

この中期経営計画ではM&A戦略として「既存事業のシナジーを最大限発揮できるパートナーとの協業」と「新たな分野への参入チャンスの検討」の2つを上げており、今回の事業譲受は1つ目の目標であるシナジーを狙ったM&Aと言えそうだ。 

2020年4月から始まる次の中期経営計画では、継続的に成長を続ける企業グループを目指しており、この目標達成のためにM&Aはどのように位置づけられるだろうか。 

現中期経営計画のもう1つの目標である「新たな分野への参入」については十分とは言い難く、こうした状況を踏まえれば次期中期経営計画にジーネットや岐阜商事のようにグループの中核企業となりうる企業の子会社化が盛り込まれる可能性もありそうだ。 

関心は早くも次期中期経営計画に

同社が2019年10月に発表した2020年3月期第2四半期決算では2020年3月期通期の売上高は1080億円、営業利益は40億円であり、この数字は中期経営計画で掲げた数字とぴったりと一致する。

このため無段変速機と減速機の販売事業譲受は現中期経営計画の数字目標の達成を目的としたものではなく、次期中期経営計画を見据えたものとも言える。事実、今回の事業譲受が2020年3月期の業績に与える影響は軽微としており、業績予想を修正していない。 

同社の2019年3月期は売上高が1078億7300万円、営業利益が40億4000万円で、1年前倒しで中期経営計画を達した状態にある。中期経営計画への関心は早くも2020年4月以降に移っていると言ってもよさそうだ。 

フルサト工業の沿革
1946 大阪市で建築金物の製造業として創業
1959 古里鉄工所を設立
1973 フルサト工業に社名を変更
1986 大阪証券取引所市場新第2部に上場
2000 機械工具類商社のジーネットを子会社化
2002 株式交換でジーネットを完全子会社化
2004 東京証券取引所市場第2部に上場
2006 東京証券取引所、大阪証券取引所市場第1部に上場
2007 工具、工作機械商社の岐阜商事を子会社化
2015 東京都大田区に東京本社設置、東京、大阪2本社制となる
2016 防犯監視システム会社のセキュリティデザインを子会社化
2020 日本電産シンポから一部の無段変速機と減速機の国内販売事業を取得

NEXT STORY

今年に入って早くも2件目「大和ハウス」がM&Aを積極化する理由とは

今年に入って早くも2件目「大和ハウス」がM&Aを積極化する理由とは

2020/01/18

大和ハウス工業がM&Aを活発化させている。2020年に入り2件のM&Aを発表しており、2019年に実施した主なM&Aの件数と早くも並んだ。 中期経営計画達成に向け、M&Aの出番は今後も多そうだ。