ご注意ください
この記事は公開から1年以上経っています。掲載されている情報は、公開当時のものです。

【共英製鋼】M&Aで電炉世界3極体制を構築

alt
建築現場(写真はイメージです)

電炉大手の共英製鋼<5440>が海外M&Aを着実に進めている。2016年の米国の鋼材メーカーBD Vinton LLC(BD Vinton)の子会社化、2018年のベトナムの鉄鋼メーカーベトナム・イタリー・スチール・ジョイント(VIS )の子会社化に次いで、2020年2月にはカナダのMoly-Cop AltaSteel Ltd.(MCアルタスチール)の電炉事業の買収を決めた。 

2021年3月期を最終年とする中期経営計画「Quality Up 2020」に盛り込んだ「海外鉄鋼事業の出荷量の増加・収益力の向上」という方針に忠実に従った形だ。 

同中期経営計画では2021年3月期に売上高2800億円、経常利益140億円の目標を掲げており、これに対し2020年3月期は売上高2400億円、経常利益180億円の見込み。売上高は残り1年間で400億円の上積みが必要だが、経常利益は1年前倒しでクリアし、しかも目標を40億円も上回る。 

買収を決めたMCアルタスチールの電炉事業部門の2019年6月期の売上高は約263億7200万円、営業利益は約3億2400万円で、共英製鋼の2021年3月期にはこれら数字が加わることになるわけで、中期経営計画の目標達成にM&Aが大きな役割を果たすことは間違いない。 

2016年以降に4件実施 

共英製鋼は1947年の共栄製鉄の創立がスタート。同年に伸鉄業に転換し、1956年には共英伸鉄を設立し、平鋼の生産を始めた。1962年に電炉工場として佃工場(現枚方事業所大阪工場)を新設したあと、1967年には線材メーカーから小形棒鋼を主体とする条鋼メーカーに転換した。 

M&Aに関してはこれまで数多くをこなしてきた。1979年にオーバンスチール社と熊本共英工業の経営権を譲渡したのを皮切りに、1984年には第一製鋼(現名古屋事業所)の経営権を取得。さらに1991年には今村製作所(大阪府)の経営権を取得し、コラム分野に進出したあと、1992年には米国のフロリダスチール社の経営権を取得し、1994年には相場製鋼新治工場の製造設備を承継した。 

そして2016年に米国のBD Vintonの子会社化、2018年に鋳物メーカーの吉年(大阪府)からの事業譲受、同じ2018年にベトナムのVISの子会社化、2020年にカナダのMCアルタスチールからの事業譲受とつながっていく。

共英製鋼の沿革と主なM&A
1947 共栄製鉄を創立し、同年に伸鉄業に転換
1948 共英製鋼に社名を変更
1956 共英伸鉄を設立し、平鋼の生産を開始
1962 電炉工場として佃工場(現枚方事業所大阪工場)を新設
1967 線材メーカーから小形棒鋼を主体とする条鋼メーカーに転換
1979 オーバンスチール社の経営権を譲渡
1979 熊本共英工業の経営権を譲渡
1984 第一製鋼(現名古屋事業所)の経営権を取得
1991 和歌山事業所の営業権をキョウエイ製鐵に譲渡
1991 今村製作所(大阪府)の経営権を取得し、コラム分野に進出
1992 米国のフロリダスチール社の経営権を取得
1994 相場製鋼新治工場の製造設備を承継
1999 アメリスチール社の経営権を譲渡
2005 株式交換方式で共英産業と共英メソナを完全子会社化
2012 ベトナムにキョウエイ・スチール・ベトナム社を設立し、鉄鋼事業を開始
2016 米国のBD Vinton LLCを子会社化(ビントン・スチール社に改称)
2018 吉年(大阪府)の事業を譲受
2018 ベトナムのベトナム・イタリー・スチール(VIS)を子会社化
2020 カナダのMCアルタスチールの電炉事業を買収

NEXT STORY

活動期に入る「ベネッセ」新規事業創出M&Aに1000億円投入

活動期に入る「ベネッセ」新規事業創出M&Aに1000億円投入

2020/01/24

ベネッセホールディングスは2020年4月に社会人向け短期集中型英会話のENGLISH COMPANYなどを展開するスタディーハッカーを子会社化する。中期経営計画でM&Aによる新規事業の立ち上げを計画しており、M&Aの活動期に入りそうだ。