ご注意ください
この記事は公開から1年以上経っています。掲載されている情報は、公開当時のものです。

「イオン」がスポーツECサービス事業に参入 コロナ後のスポーツに動き

alt
写真はイメージです

鼻呼吸が楽なスポーツマスクを投入 

スポーツ用品メーカーのミズノ<8022>やヨネックス<7906>が、水着やスポーツウエアの素材を用いることで、顔の形にぴったりとフィットし、蒸れを防げるマスクを商品化するなど、スポーツ時でも快適に使用できるように機能性を高めたマスクを投入する企業が相次いでいる。 

早川繊維工業のニュースリリースより

繊維加工業の早川繊維工業(岐阜市)もその1社で、同社は6月2日に鼻の部分が開く二重構造を採用することで運動時に鼻呼吸が楽な飛沫防止用のスポーツマスク・エアーCを発売した。 

ひんやりとした触感ですぐに乾き、紫外線をカットできる生地を使用しているため、夏場のスポーツでの使用が可能で、留め具にシリコンリングを採用することで長時間の使用でも耳が痛くなりにくくした。さらにポリエステル素材のため、洗濯して繰り返し使用しても縮みや型崩れなどがないという。 

新型コロナウイルス感染症の拡大防止のためにはスポーツ時であってもマスクが欠かせない。同社の二重構造のようにスポーツ向きの機能を持ったマスクは今後もまだまだ増えそうだ。

文:M&A Online編集部

M&A Online編集部

M&Aをもっと身近に。

これが、M&A(企業の合併・買収)とM&Aにまつわる身近な情報をM&Aの専門家だけでなく、広く一般の方々にも提供するメディア、M&A Onlineのメッセージです。私たちに大切なことは、M&Aに対する正しい知識と判断基準を持つことだと考えています。M&A Onlineは、広くM&Aの情報を収集・発信しながら、日本の産業がM&Aによって力強さを増していく姿を、読者の皆様と一緒にしっかりと見届けていきたいと考えています。


NEXT STORY

ソフトバンクがC Channelの約29%を新規保有 5月の大量保有報告書

ソフトバンクがC Channelの約29%を新規保有 5月の大量保有報告書

2020/06/02

M&A Online編集部が大量保有データベースで2020年5月の大量保有報告書の提出状況を調べたところ、旧村上ファンド系の投資会社レノが取締役の選任などを求めていたレオパレス21について3件の提出があった。

関連のM&A速報