イオンは、CFSコーポレーションの普通株式に対する公開買付けを、平成22 年3月25 日から実施してきたが、この公開買付けが平成22年5月6日をもって終了した。

今回の公開買付では、買付予定上限数4,300千株に対して、7,060,333株の応募があったため、その超える部分の全部又は一部の買付け等を行わないものとし、あん分比例の方式により、株券等の買付け等に係る受渡しその他の決済を行う。

今回の公開買付により、イオンは13.27%の議決権を取得し、公開買付後の議決権の所有割合は46.52%となる。

また、イオンは、CFSコーポレーションが実施する普通株式6百万株の第三者割当増資のうち、出資割合が今回の公開買付と合わせて51%をめどとする株式を引受る。

なお、第三者割当の一株当り発行価額は、公開買付の買取価格と同額の600円。