イオンは、持分法適用関連会社のツルヤ靴店をTOB(株式公開買い付け)により子会社化することを決議した。現在議決権ベースで18.03%の株式所有割合を52.16%に引き上げることを目指す。ツルヤ靴店はTOBに賛同の意見を表明している。TOB成立後もツルヤ靴店は上場を維持する。

ツルヤ靴店は1971年創業で、紳士靴や婦人靴、スポーツ靴の販売を全国展開している。イオンとツルヤ靴店は2005年に業務・資本提携を行い、店舗開発などで協力してきた。ツルヤ靴店は2009年1月にイオンの子会社の靴専門店ニューステップ(東京都中央区)を吸収合併することを決めており、イオンは靴専門店事業を統合し競争力を強化する。

今回ツルヤ靴店の創業者一族から株式売却の申し出があり、イオンは株式放出による市場株価への影響を回避するとともに、合併に向けた資本関係の強化を図るためTOBにより株式を取得することにした。

TOBの買付価格は1株あたり861円。TOB公表前営業日の対象株式の終値871円に対して1.15%をディスカウントした。

TOBの買付予定数は60万株で、買付予定額は5億1600万円。

公開買付期間は2008年9月29日から2008年10月27日までを予定している。