2020年4月24日、米アップルが廉価版となる「iPhone SE」の第2世代を発売する。2016年3月に発売した初代「SE」同様、最新の上位機種である「iPhone11」や「iPhone11 Pro」と同じ最新のCPUを搭載しながら、価格を約4〜6割引き下げた「お買い得」なモデルだ。

基本機能は同等ながら、付帯機能で見劣り

当然、安いには理由がある。カメラや防水、ロック解除といった付帯機能をアップデートしないことで、低価格を実現しているのだ。とはいえ、スマートフォンの使い勝手を大きく左右するCPUは同じ、内部ストレージも十分で、通常使用での不便は全くない。

しかも、新型「SE」に周辺機器を装着することで、上位機種と同じ機能を実現することも可能なのだ。「安くて11シリーズと同レベルの高機能な新型SE」を手に入れるためには、何が必要なのか。

先ずは新型「SE」と「11」シリーズの違いを見ていこう。通信規格は3機種とも第4世代(4G)のLTEを採用しており、通信速度に変わりはない。現行のiPhoneでは第5世代(5G)に対応したモデルはなく、2020年秋に発売予定の「iPhone12」以降での対応になる予定だ。

機種比較表(←は左と同じ)
機種名iPhoneSE
(第2世代)
iPhone11iPhoe11 Pro
最低価格(税別、円)44,80074,800106,800
SEとの価格差(円)30,00062,000
通信規格第4世代(4G)LTE
画 面4.7インチ6.1インチ5.8インチ
サイズ(縦×横×厚さ=mm)138.4×67.3×7.3 150.9×75.7×8.3144.0×71.4 ×8.1
重 量148g194g188g
CPUA13 Bionicチップ
内部ストレージ64GB 128GB 256GB64GB 128GB 256GB64GB 256GB 512GB
標準(広角)カメラ1倍
超広角カメラ×0.5倍
望遠カメラ××2倍
ナイトモード(夜間撮影)×
防水性能水深1メートルで最大30分間水深2メートルで最大30分間水深4メートルで最大30分間
セキュリティーTouch IDFace ID