ヨネックスは、ストリングマシンメーカーの東洋造機(埼玉県新座市。売上高2億7100万円、営業利益1億600万円、純資産7600万円)を子会社化することを決議した。2018年11月1日にまず議決権ベースで東洋造機の株式51%を、続いて2019年12月25日に残る株式49%を取得して100%子会社化を目指す。取得価額は3億6000万円。

東洋造機はテニスやラケットの弦(ストリング)を張る際に用いるストリングマシンを製造し、その技術力は世界的に評価されている。ヨネックスが公式ストリンガーを務める様々な国際大会では東洋造機製の機械を使用している。ヨネックスは自社のラケット、ストリングの性能を最大限に引き出すためには、グループ内にストリングマシンを含めた一貫製造体制が不可欠と判断した。