M&A速報

ヨネックス<7906>、ストリングマシンメーカーの東洋造機を完全子会社化

2018/10/22

ヨネックスは、ストリングマシンメーカーの東洋造機(埼玉県新座市。売上高2億7100万円、営業利益1億600万円、純資産7600万円)を子会社化することを決議した。2018年11月1日にまず議決権ベースで東洋造機の株式51%を、続いて2019年12月25日に残る株式49%を取得して100%子会社化を目指す。取得価額は3億6000万円。

東洋造機はテニスやラケットの弦(ストリング)を張る際に用いるストリングマシンを製造し、その技術力は世界的に評価されている。ヨネックスが公式ストリンガーを務める様々な国際大会では東洋造機製の機械を使用している。ヨネックスは自社のラケット、ストリングの性能を最大限に引き出すためには、グループ内にストリングマシンを含めた一貫製造体制が不可欠と判断した。

M&Aデータベース

関連の記事

「大坂なおみ」選手も一役 「テニス」と「ランニング」好不調の分かれ目は 

「大坂なおみ」選手も一役 「テニス」と「ランニング」好不調の分かれ目は 

2021/02/16

テニスのヨネックスと、ランニングのアシックスの業績に差が現れてきた。テニスとランニングはともに屋外のスポーツだが、大坂選手が一役買ったテニスの方に、アドバンテージ(テニスで1ポイントをリードすること)があったようだ。

「アシックス」「ヨネックス」の赤字が縮小「ミズノ」は黒字予想 回復見せるスポーツ用品メーカー

「アシックス」「ヨネックス」の赤字が縮小「ミズノ」は黒字予想 回復見せるスポーツ用品メーカー

2020/11/12

新型コロナウイルスの影響で業績が悪化していたアシックス、ミズノ、ヨネックスのスポーツ用品メーカー大手3社が揃って回復の兆しを見せている。東京オリンピック・パラリンピックに向け、うまく風に乗りたいところだが…。

品不足解消したのに、買えない「マスク」が続々 人気の理由は

品不足解消したのに、買えない「マスク」が続々 人気の理由は

2020/06/10

日本各地で気温が30度Cを超える真夏日となる中、これまで使っていたマスクでは蒸れて息苦しさを感じる人は少なくないはず。こうした消費者のニーズを踏まえて、呼吸が楽で着けた時にひんやりと感じる機能性マスクを投入する企業が相次いでいる。

「イオン」がスポーツECサービス事業に参入 コロナ後のスポーツに動き

「イオン」がスポーツECサービス事業に参入 コロナ後のスポーツに動き

2020/06/03

イオンがスポーツEC(電子商取引)サービス事業に乗り出した。今後スポーツを楽しむ人たちが増えることが予想されるだけに、新型コロナウイルスとスポーツに関連する新たなグッズやビジネスが相次いで生まれてきそうだ。

ポストコロナの「新型マスク」続々登場 蒸れにくくスポーツでも使用可能

ポストコロナの「新型マスク」続々登場 蒸れにくくスポーツでも使用可能

2020/05/26

緊急事態宣言が全面解除され、新たな日常が始まろうとする中、新型マスクを巡る動きが活発化している。ポストコロナでは、機能性やファッション性に優れたマスクに関心が移りそうだ。

10年以上前から大坂なおみ選手を育てたヨネックスの「慧眼」

10年以上前から大坂なおみ選手を育てたヨネックスの「慧眼」

2019/01/25

大坂なおみ選手が全豪オープンテニス決勝戦に進出する。結果次第では日本人初の世界ランキング1位も見えてきた。その大坂選手をプロ入り以前からサポートしてきたのがスポーツ用品メーカーのヨネックスだ。

【ヨネックス】「大坂なおみ」効果だけではない独自の強みを発揮

【ヨネックス】「大坂なおみ」効果だけではない独自の強みを発揮

2018/11/06

テニス4大タイトルの一つ全米オープン女子シングルスで、大坂なおみ選手が優勝を果たした。400億円もの経済効果があるという今回の優勝。その恩恵を最も受けているのが、ラケットなどを提供したヨネックスだ。大坂選手へのサポート手法はM&Aに通じる。

M&A速報検索

クリア