イオンのニュース記事一覧

親子上場、イオンがメリット強調 「経営強化に合理的」

親子上場、イオンがメリット強調 「経営強化に合理的」

日本で多く見られた親子上場は、コーポレートガバナンスを重視する動きが強まる中で解消が進んできた。しかし、15の上場子会社を抱える流通最大手のイオンは投資家に対し、親子上場の利点を積極的に発信。その流れとは一線を画している。

記事を読む
バチカン市国より広い「イオンモール取手」で見えた次の一手とは

バチカン市国より広い「イオンモール取手」で見えた次の一手とは

2025年に日本最大のショッピングモールが茨城県取手市に開業する。「イオンモール取手(仮称)」がそれ。世界最小の国家であるバチカン市国よりも広く、「一つの街」といえる規模だ。ただ広いだけではない。イオンの「次世代戦略」を占う重要な試金石だ。

記事を読む
5期連続営業赤字のミニストップはなぜ衰退の道を歩み始めたのか

5期連続営業赤字のミニストップはなぜ衰退の道を歩み始めたのか

ミニストップは2022年2月期に31億3,700万円の営業損失を計上し、4期連続の営業赤字となりました。2023年2月期も2億円の営業損失を予想しており、5期連続の営業赤字が目前に迫っています。競合のコンビニが堅調に推移する中、なぜミニストップは苦戦しているのでしょうか?

記事を読む
「セブン&アイ」が小売りトップの座に「イオン」をM&Aで逆転 

「セブン&アイ」が小売りトップの座に「イオン」をM&Aで逆転 

スーパーやドラッグストアなどを運営するイオンに代って、コンビニやスーパー、百貨店などを運営するセブン&アイ・ホールディングスが小売業界トップの座についた。両社が実施したM&Aで差がついた。

記事を読む
イオンが子会社化した100円ショップの「キャンドゥ」業績はいまひとつ

イオンが子会社化した100円ショップの「キャンドゥ」業績はいまひとつ

2022年1月5日に、イオンの子会社となった100円ショップ事業を展開するキャンドゥの業績がいまひとつだ。小売り最大手のイオンとの相乗効果は、いつどのような形で現れてくるのだろうか。

記事を読む
「イオン」近づくコロナ越え まん延防止措置の影響は?

「イオン」近づくコロナ越え まん延防止措置の影響は?

イオンによるコロナ越えが近づいてきた。同社が2022年1月12日に発表した2022年2月期第3四半期決算で、コロナ前の2020年2月期を上回るとしていた業績予想を、そのまま据え置いたため、コロナ越えが現実味を帯びてきたのだ。

記事を読む
【2021年小売業界のM&A】カインズが東急ハンズを買収、関西スーパーの争奪戦も

【2021年小売業界のM&A】カインズが東急ハンズを買収、関西スーパーの争奪戦も

2021年の小売業界では前年に続き「争奪戦」が勃発し、関西スーパーの経営統合に対してディスカウントスーパーのオーケーが待ったをかけた。カインズは生活雑貨大手の東急ハンズを、イオンは100円ショップ大手のキャンドゥを買収することになった。

記事を読む
「META」が澤田氏(HIS会長兼社長)を抜き澤田HDの筆頭株主に、2021年10月の大量保有報告書

「META」が澤田氏(HIS会長兼社長)を抜き澤田HDの筆頭株主に、2021年10月の大量保有報告書

2021年10月の大量保有報告書などの提出状況を調べたところ、投資ファンドのMETA Capitalが、澤田ホールディングス株の31.09%を新規保有したことが分かった。

記事を読む
イオンの傘下に入る「キャンドゥ」ダイソー、セリアを追撃か

イオンの傘下に入る「キャンドゥ」ダイソー、セリアを追撃か

大手スーパーのイオンは、100円ショップ「キャンドゥ」を運営する業界3位のキャンドゥを、TOB(株式公開買い付け)などで子会社化することを決めた。イオンの後ろ盾を得たキャンドゥは、上位企業を追撃することはできるだろうか

記事を読む
過去最高売り上げを更新した「イオン」不振の上場子会社の影響は?

過去最高売り上げを更新した「イオン」不振の上場子会社の影響は?

イオンは2022年2月期第2四半期決算で、売上高が4兆3449億1900万円となり、過去最高を更新した。子会社のジーフットは3期連続の営業赤字が避けられない見通し。イオンの業績に与える影響は?

記事を読む
トップの座の行方は?「イオン」と「セブン&アイ」コロナ禍の中での攻防

トップの座の行方は?「イオン」と「セブン&アイ」コロナ禍の中での攻防

国内流通首位のイオンと同2位のセブン&アイ・ホールディングスの2021年2月期の決算がでそろった。両社ともにコロナ禍で減収減益が避けられなかったものの、いずれも回復傾向が現れている。

記事を読む
「ローソン」売り上げを下方修正 食品スーパーとの明暗くっきり

「ローソン」売り上げを下方修正 食品スーパーとの明暗くっきり

コンビニ大手のローソンが、2021年2月期の業績予想を修正した。新型コロナウイルスの感染症拡大の影響で売上高が想定よりも下回り、前回公表比0.6%減の6660億100億円に留まる見込みだ。

記事を読む
「吉野家」「イオン」に回復の兆し 業績上方修正企業が続々

「吉野家」「イオン」に回復の兆し 業績上方修正企業が続々

コロナ禍の中、牛丼チェーンの吉野家ホールディングスと、小売業最大手のイオンに業績回復の兆しが現れてきた。緊急事態宣言の対象エリアが広がる中、吉野家とイオンの状況はどうなるのか。

記事を読む
結婚相談所ツヴァイの子会社化で「お見合い成立件数」が過去最高を更新

結婚相談所ツヴァイの子会社化で「お見合い成立件数」が過去最高を更新

婚活サービスを手がけるIBJと、同社が子会社化した結婚相談所ZWEIとのシナジー効果が現れてきた。お見合い成立件数が2020年10月には前年同月比69%増と急増した。

記事を読む
イオン傘下の「ビッグ・エー」と「アコレ」 経営統合後はどんな会社になる?

イオン傘下の「ビッグ・エー」と「アコレ」 経営統合後はどんな会社になる?

イオンが生鮮食品や日用品などを取り扱う傘下のディスカウントストアのビッグ・エー(東京都板橋区)と、アコレ(千葉市)の2社を経営統合する。新会社はどのような企業になるのか。

記事を読む
嵐の前の静けさか。コロナ禍でも「倒産」減少

嵐の前の静けさか。コロナ禍でも「倒産」減少

帝国データバンクが2020年度上半期(4月-9月)の倒産状況(負債1000万円以上の法的整理)をまとめたところ、倒産件数は3956件で、2004年度下半期以来の4000件割れとなった。

記事を読む
赤字か黒字か「イオン」の今期決算 カギ握る傘下企業とは

赤字か黒字か「イオン」の今期決算 カギ握る傘下企業とは

コンビニ中堅のミニストップ、靴小売り大手のジーフット、遊戯施設事業のイオンファンタジーのイオン傘下の上場企業3社が、新型コロナウイルスの影響で未定としていた2021年2月期の業績予想を相次いで公表した。

記事を読む
「イオン」がコロナ禍で苦境に 当期赤字は500億円超

「イオン」がコロナ禍で苦境に 当期赤字は500億円超

イオンの2021年2月期第1四半期の全損益が赤字に陥った。新型コロナウイルスの感染拡大状況によっては、4月のツヴァイに続く子会社売却案が浮上してくるかもしれない。

記事を読む
「イオン」がスポーツECサービス事業に参入 コロナ後のスポーツに動き

「イオン」がスポーツECサービス事業に参入 コロナ後のスポーツに動き

イオンがスポーツEC(電子商取引)サービス事業に乗り出した。今後スポーツを楽しむ人たちが増えることが予想されるだけに、新型コロナウイルスとスポーツに関連する新たなグッズやビジネスが相次いで生まれてきそうだ。

記事を読む
ソフトバンクがC Channelの約29%を新規保有 5月の大量保有報告書

ソフトバンクがC Channelの約29%を新規保有 5月の大量保有報告書

M&A Online編集部が大量保有データベースで2020年5月の大量保有報告書の提出状況を調べたところ、旧村上ファンド系の投資会社レノが取締役の選任などを求めていたレオパレス21について3件の提出があった。

記事を読む
イオンが3期連増赤字の子会社を売却 業績へのプラス効果は?

イオンが3期連増赤字の子会社を売却 業績へのプラス効果は?

イオンが結婚相手紹介サービスを手がける子会社のツヴァイを売却する。ツヴァイの売却がイオンの業績に与える影響は軽微だが、2021年2月期はツヴァイを皮切りに子会社売却が相次ぐ可能性もありそうだ。

記事を読む
新年度入り「新型コロナ」でイオンなどの入社式に異変  エイプリルフールのデマ情報にも警戒

新年度入り「新型コロナ」でイオンなどの入社式に異変 エイプリルフールのデマ情報にも警戒

新年度入りとなる4月1日の恒例行事をはじめとするさまざまな経済活動に、今年は新型コロナウイルスの影響が色濃く現れている。新型コロナウイルスの影響の実態を追ってみると。

記事を読む
業績悪化が止まらない「イオン」子会社 4社が赤字に

業績悪化が止まらない「イオン」子会社 4社が赤字に

イオン子会社の業績悪化が止まらない。ミニストップ、ジーフット、イオンファンタジー、マックスバリュ西日本の4社が業績を相次いで下方修正した。イオンは当初予想通りの増収増益を達成することができるか。

記事を読む
イオンの業績に黄色信号 子会社が相次いで赤字に

イオンの業績に黄色信号 子会社が相次いで赤字に

日本の小売業界最大手のイオンの業績に黄色信号が灯りつつある。連結対象子会社が相次いで業績の下方修正を行ったためだ。 売上高が8兆円を超える小売りトップ企業の決算発表に注目が集まる。

記事を読む
イオン子会社が相次いで苦境に 小売りトップ企業への影響は

イオン子会社が相次いで苦境に 小売りトップ企業への影響は

イオン子会社が相次いで苦境に陥っている。コンビニのミニストップと、靴小売り大手のジーフットが業績予想を下方修正した。消費低迷でイオングループ企業内に業績の下方修正が広がればイオン自体の業績にも影響がでそうだ。

記事を読む