M&A速報

ミズノ<8022>、屋内体育器具メーカーのセノーを子会社化

2012/06/21

ミズノは、屋内体育器具業界のリーディングカンパニーであるセノー(千葉県松戸市。売上高97億7000万円、営業利益16億9000万円、純資産11億7000万円)の全株式を取得し子会社化することを決めた。取得価額は79億8000万円。取得予定日は2012年6月29日。

セノーは1908年創業で、屋内体育器具業界のリーディングカンパニー。国内外の多数の競技連盟から認定を受けている。ミズノは同社の販売網や研究開発力を活用し、主力の国内スポーツ品販売事業を強化するほか、屋内外のスポーツ施設機器・器具などの施工や運営サービスを総合的に提供する。

M&Aデータベース

関連の記事

機能性高めた「スポーツマスク」が続々 支持を得るのはどのメーカー?

機能性高めた「スポーツマスク」が続々 支持を得るのはどのメーカー?

2021/03/19

気温の上昇とともに冬の間に中断していたスポーツを再開する人たちが増える中、スポーツ用品メーカーによる機能性を高めた新型スポーツマスクの開発が相次いでいる。最新技術の“品評会”の様相を呈しており、どのメーカーの技術が支持を集めるのだろうか。

「アシックス」「ヨネックス」の赤字が縮小「ミズノ」は黒字予想 回復見せるスポーツ用品メーカー

「アシックス」「ヨネックス」の赤字が縮小「ミズノ」は黒字予想 回復見せるスポーツ用品メーカー

2020/11/12

新型コロナウイルスの影響で業績が悪化していたアシックス、ミズノ、ヨネックスのスポーツ用品メーカー大手3社が揃って回復の兆しを見せている。東京オリンピック・パラリンピックに向け、うまく風に乗りたいところだが…。

品不足解消したのに、買えない「マスク」が続々 人気の理由は

品不足解消したのに、買えない「マスク」が続々 人気の理由は

2020/06/10

日本各地で気温が30度Cを超える真夏日となる中、これまで使っていたマスクでは蒸れて息苦しさを感じる人は少なくないはず。こうした消費者のニーズを踏まえて、呼吸が楽で着けた時にひんやりと感じる機能性マスクを投入する企業が相次いでいる。

「イオン」がスポーツECサービス事業に参入 コロナ後のスポーツに動き

「イオン」がスポーツECサービス事業に参入 コロナ後のスポーツに動き

2020/06/03

イオンがスポーツEC(電子商取引)サービス事業に乗り出した。今後スポーツを楽しむ人たちが増えることが予想されるだけに、新型コロナウイルスとスポーツに関連する新たなグッズやビジネスが相次いで生まれてきそうだ。

「マスク」はポストコロナ時代のお楽しみグッズになれるのか

「マスク」はポストコロナ時代のお楽しみグッズになれるのか

2020/05/29

マスク生産に乗り出す企業が後を絶たない。夏場に向けて蒸れにくく、スポーツ時にも使えるように工夫したものやファッション性を意識したものもある。消費者の支持を得ることができるだろうか。

平昌五輪いよいよ…関連銘柄を総点検すると

平昌五輪いよいよ…関連銘柄を総点検すると

2018/01/20

平昌五輪の開幕が2月9日に迫ってきた。フィギアスケートの羽生結弦選手、ジャンプの高梨沙羅選手ら日本選手の活躍に期待が高まる中、株式市場では選手の所属先企業やスポーツ用品メーカーなど関連銘柄が改めて注目されそうだ。平昌五輪銘柄を総点検すると…。

M&A速報検索

クリア

アクセスランキング

【M&A速報】よく読まれている記事ベスト5