menu
Social media

ビジネス

楽天の携帯電話市場参入で業界はどうなる?5G開発を急ぐNTTドコモ

Cover 2fceace3 7077 47ad 824b d5fc547e2f6f

 楽天<4755>の携帯電話市場への参入では、基地局の設置工事などに伴い、資金調達残高が2019年のサービス開始時には約2000億円、2025年には最大で6000億円規模を想定しているという。まず、その金額の意味をあらためて考えてみたい。

決意と意気込みの強さの一方で感じる、楽天の危うさ

 もとより単純比較できるものではないことを承知で、6000億円という額をM&Aで事業領域や規模の拡大を図ってきた楽天の過去の買収金額と比較してみよう。

〇楽天が実施した主なM&A高額案件

年月エリア買収の概要買収金額
2003年9月 日本 マイトリップ・ネット(後の楽天トラベル)の全株式を日立造船より買収 323億円
2003年11月 日本 DLJディレクトSFG証券(現 楽天証券)を買収 約300億円
2005年10月 米国 アフィリエイトの「Link Share」を子会社化  464億円
2012年1月  カナダ カナダの電子書籍「Kobo」を3億USドルで買収 236億円
2014年10月 北米 北米最大級の会員制オンライン・キャッシュバック・サイト「Ebates」を買収 1060億円
2015年4月  米国 図書館向け電子書籍配信サービスの「OverDrive」を買収 500億円

 一言でいうと、楽天のこれまでの買収金額は大きいといっても、数百億円規模であり、その5倍、10倍の金額を主に設備投資の資金調達額として想定し、携帯キャリアへの新規参入を宣言したということだ。そこにチャレンジャーとしての並々ならぬ決意と意気込みの大きさをうかがうことができるだろう。

 一方、他の先輩格の通信キャリアの設備投資額との比較である。たとえば、業界最大手であるNTTドコモ<9437>の設備投資額は、次のように推移している(同社決算資料による)。

 少しずつ減少してきてはいるが、単純にいうと、楽天が2025年に想定している最大規模の資金調達残高と同程度の額をNTTドコモは設備投資として毎年かけてきたということができるだろう。

 たしかに、単純な数字としては、6000億円の資金調達規模は大きい。しかし、誤解を恐れずにいうと、NTTドコモにいわせれば、「ウチは毎年そのくらいのお金をフツーにかけてきましたが……何か?」と、我関せずとするような、このビジネスを手がける企業にとって必要不可欠な額なのかもしれない。

業界動向

関連のM&Aニュース

楽天<4755>、野村HD傘下の朝日火災を買収へTOB

楽天<4755>、爽快ドラッグを子会社化

NTTドコモ<9437>仲裁裁定受領、タタ・サンズ側に約1300億円の損害賠償命令

楽天<4755>、子会社であるケンコーコム<3325>を公開買付けへ

楽天<4755>、米国キャッシュバックサイト運営会社を約10億ドルで買収。

NTTドコモ<9437>、マガシーク<3060>の株式等に対する公開買付けを開始。

楽天<4755>、フランスの物流事業者Alpha Direct Services社を買収

楽天<4755>、アイリオ生命保険を子会社化。

エヌ・ティ・ティ・ドコモ<9437>、タワーレコードを子会社化。

楽天<4755>、ケンコーコム<3325>を子会社化。

楽天<4755>、スタイライフと業務・資本提携。

エヌ・ティ・ティ・ドコモ<9437>、らでぃっしゅぼーや<3146>の株券等に対する公開買付を開始。

楽天<4755>、カナダの電子書籍事業者のKobo社を買収。

楽天<4755>、英国進出に向けPlay Holdings Limited社を買収。

楽天<4755>、楽天銀行を株式交換により完全子会社化

楽天<4755>によるイーバンク銀行株券に対する公開買付が終了

三井物産<8031>子会社であるリンクシェアジャパンと楽天<4755>完全子会社のトラフィックゲートが合併

楽天<4755>、イーバンク銀行の全株券に対する公開買付を実施

NEXT STORY

【2018年1月  M&Aサマリー】買収・子会社化は36件…「適時開示」ベースで

【2018年1月 M&Aサマリー】買収・子会社化は36件…「適時開示」ベースで

M&A関連の企業発表が2018年も1月早々から連日続いている。このうち経営権の取得を伴う買収・子会社化の案件は東証の「適時開示」ベースで36件(M&A Online編集部集計)。6000億円の大型M&Aや、買収資金の一部に仮想通貨を充てるレアなケースもあった。


注目の記事

Thumb e1b02e19 e880 4647 9b2e 9735a2922dd8

【リコー】「再成長」へM&A投資 2000億円

リコーが2018~19年度にM&Aに2000億円超を投資する方針を打ち出した。同社にとって大命題は「再成長」の一語に集約される。業績は10年近く一進一退が続き、伸びを欠いたままだ。リコー復権ののろしは上がるのか?

Thumb 5535fbd2 d91a 4fbd a0be 6bc68475be6d
Thumb 88ffbc7d d8c1 4c46 a94a d5f6737c0e91
Thumb cc85b8b5 8edb 443a a273 78ca4504aa70