menu
Social media

ビジネス

ホリエモンのロケット打ち上げ失敗でも宇宙ビジネスが花盛り

Cover 0331a338 a06b 474b 8712 2f2a17c25996

失敗続きでも冷めやらぬ宇宙ビジネス

 国内ベンチャーの宇宙ビジネスが花盛りだ。2017年には「ホリエモン」こと実業家の堀江貴文氏が起業したインターステラテクノロジズが、民間単独では国内初となるロケット打ち上げを実施。宇宙資源探査ベンチャーのアイスペースは、米グーグルが主催する賞金2000万ドル(約22億円)の民間月面探査レースに「HAKUTO(ハクト)」チームとしてチャレンジした。残念ながらインターステラテクノロジズの打ち上げは失敗、アイスペースのHAKUTOはロケットに相乗りするはずだったインド「チームインダス」の探査車打ち上げが資金難で中止になったことからレースを断念した。

 それでも宇宙ビジネス熱は高まる一方だ。国内には世界でも最高レベルの中小部品メーカーや金属加工業者が多く、多品種少量で受注製品ばかりの宇宙ビジネスに参入するチャンスがある。東大発の宇宙ベンチャーで、2022年までに1辺が60-80cmの立方体の超小型衛星50基を打ち上げて観測した宇宙ビッグデータを企業に提供するアクセルスペースのような産学連携も盛んだ。

 民間主導の宇宙ビジネスは米国が先行している。その代表格が電気自動車(EV)メーカー・米テスラの創業者でもあるイーロン・マスク氏が立ち上げたスペース・エクスプロレーション・テクノロジーズ(スペースX)。すでに人工衛星の打ち上げや国際宇宙ステーション(ISS)へ補給物資を輸送するなどの実績をあげている。

 インドはインド宇宙研究機関(ISRO)が民間企業とのジョイントベンチャーの立ち上げを進めており、2020年に初の民間宇宙ロケットを打ち上げる予定だ。ロシアもローコストと信頼性の高さを武器に商用人工衛星の打ち上げで存在感を示しており、中国の本格参入も間近に迫っている。

ベンチャーM&A

関連のM&Aニュース

NEXT STORY

【りそなホールディングス】関西3地銀の再編を主導、M&Aの封印を解く…?

【りそなホールディングス】関西3地銀の再編を主導、M&Aの封印を解く…?

りそなホールディングスがM&Aや海外展開など投資戦略を積極化している。今年4月には、りそなHD主導で関西の3銀行が経営統合して「関西みらいフィナンシャルグループ」が発足する。


注目の記事

Thumb e1b02e19 e880 4647 9b2e 9735a2922dd8

【リコー】「再成長」へM&A投資 2000億円

リコーが2018~19年度にM&Aに2000億円超を投資する方針を打ち出した。同社にとって大命題は「再成長」の一語に集約される。業績は10年近く一進一退が続き、伸びを欠いたままだ。リコー復権ののろしは上がるのか?

Thumb 5535fbd2 d91a 4fbd a0be 6bc68475be6d
Thumb 88ffbc7d d8c1 4c46 a94a d5f6737c0e91
Thumb 86c7d0cc ec0a 493b bd1c abd4c0f6d333